キャリアガイダンスVol.421
45/66

452018 FEB. Vol.421 また、教科に関しても、「好きじゃない」とは言っていますが、「嫌い」とは言っていません。このような話ではつい、「だったらその科目のない受験校を探す」という提案をしがちですが、それでは解決になりません。得意だと思って進んできたけれど、何でつまずいているのか。意味をきちっととらえることで、対処の仕方が異なってきます。教師自身の思い込み(ビリーフ)にひきずられないことも大事です。 そのためにも、今回は最善のケースと最悪のケースでの違いは何かを考えていただきました。それは、教師自身が、自分の指導を客観視する機会につながると思います。自分の癖を理解し、生徒主体でやる気スイッチが見つかるように、そして生徒自身がスイッチを押せるような支援に、ぜひつなげてください。このようなケースで、スクールカウンセラーならどう対応されるのか。先生たちとの協力の在り方などもお伺いしました。 このケースのような場合、目先のことよりも、より長い時間軸で未来展望を考える時間をとることが大事だと思います。何に興味をもっていて、将来の仕事をどうイメージしていくか、丁寧に探っていくことが必要です。また、必要に応じて適性検査や性格検査などを実施し、生徒の自己理解を深めることも効果的です。自我を確立させる大切な時期でもあることから、自分を理解することが現在の判断や行動を左右すると考えます。 とかく、「もう2年生のこの時期なんだから」と結論を急いでしまったり、焦らせがちですが、「まだ2年生。まだ1年もある」と、立ち止まる時間をとってあげてほしいと思います。結局は、本人が自分の将来像を納得して描けるかどうか、目的意識がしっかりつけられるかどうかが、大事だと思います。ガイダンスカウンセラー 木村佳穂さん2005年、岩手大学大学院教育学研究科修了後、青森県と栃木県で6年ずつスクールカウンセラーとして勤務。2017年3月まで、早稲田大学教育・総合科学学術院で非常勤講師も務める。もう2年ではなく、まだ2年。焦らず将来を検討する時間をスクールカウンセラーの視点実際高校生でなくても、これからの社会がどうなるかよくわからないのに、はっきり言って、具体的に未来を描くのは無理だと思うからです。 自分の人生は自分しか責任が取れない以上、最後は自分で決めるしかないということを常に伝えるべきだと思います。1最善と思われる展開 まずは、以下のような投げかけを考えます。「何も書いていなかったのは、悩んでいるんだよね? 何か考えていることはあるの? 理系とか文系にとらわれないで、何か興味のある分野はあるのかな? 分野じゃなかったら、何でもいいから興味あることはない?」 そのうえで、何か出てきたら、「なぜ興味があるの?」と尋ね、興味があることからいろいろ引き出して、どうすればやる気になるか一緒に相談して「そのことなら、がんばれるね」と問いかけます。 もし、何も出てこなければ、「以前の卒業生で、化粧品に興味があって化学の勉強をしようと理系に進んだものの、数学は好きだったんだけど、いまいち勉強に手がつかない生徒がいたんだよね。そんな彼女が2週間の海外語学研修に参加したら、そこからやる気スイッチが入って、外国語学部へ進路希望を変更して、入学してがんばっているよ。勉強をがんばろうにも、やる気(モチベーション)がなければ、継続できないよね。まずは、いろいろなことに興味・関心をもってみよう。もし何か興味のあることがあったら、また相談してね」と話すと思います。2最悪だと思われる展開 「何も書かなかったってことは、何も決まっていないんだよね。 とりあえず以前目指していたみんなが第一志望にしているところを目指して、あんまり好きじゃない数学・物理をがんばってみよう」という投げかけだと思います。3❶と❷の大きな違い 何も書いていない=何も決まっていないというのは決めつけです。みんなが希望していてもそれぞれ温度差がありますし、一人ひとり違うことをみんな一緒に扱うのもおかしなことです。あまり好きじゃない(苦手な)科目をがんばるのはエネルギーがいることで、好きな(得意な)科目から取り組んで、好きじゃない(苦手な)科目を少しずつやってみるのも手ではないかと考えます。 生徒のやる気(モチベーション)スイッチがいつどのように入るかが大切で、やる気がないとやらされる勉強になってしまいます。もちろん与えられたことをきちんと行うことも大切だと思いますが。 自分からがんばろうという気持ちがないと3年生になったときに、1日何時間もの受験勉強に耐えられないと思います。モチベーションを重視する展開を静岡県・沼津市立沼津高校 谷野公彦先生このコーナーでは、毎回、ケーススタディへの「私ならこうする」をwebアンケートで募集しています。また、こんなケースを取り上げてほしいというご希望もあわせてどしどしご応募ください。http://souken.shingakunet.com/career_g/case/

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る