キャリアガイダンスVol.421
49/66

学力概念  資質・能力・態度知識A.社会的課題に関する知識・理解一般常識や基礎学力をつけながら、世界・社会の状況の変化やその課題を理解するための知識を身につける。B.英語活用力英語を使ってのコミュニケーションができるようになる。技能(スキル・コンピテンシー)C.思考・創造力物事を論理的に考え、批判的思考で掘り下げ、スケールの大きな考え方ができる。D.表現・発信力どのような場でも臆することなく自分の考えを発信でき、他者の共感を引き出せる。E.他者との協働力異文化・異なる感覚の人・異年齢等を乗り越え、仲間と協力・協働しながら互いに高めあえる行動が取れる。F.マネージメント力自分や組織での取り組みを計画性をもって進めることができる。人格(キャラクター・センス)G.前向き・責任感・チャレンジ自分を意味ある存在として考え自信を持ち、課題解決のために自分の役割を見つけ、全力で取り組み、決してあきらめず遂行できる。H.寛容さ異文化や考えの違う他者を受け入れ、思いやるあたたかさをもち、協調して共に高めようとすることができる。I.能動的市民性社会を支える当事者としての意識を持ち、地域や国内外の未来を真剣に考えることができる。自らを振り返り変えていく力(メタ認知)J.自分を変える力自分の言動や行動を俯瞰して見つめ直し、常に改善しようとする意識を持ち、次の行動に繋げることができる。2015年設立/総合学科生徒数419人(男子253人・女子166人)(本校舎)福島県双葉郡広野町大字下浅見川字築地12*一部の生徒は猪苗代校舎、三島長陵校舎で学んでいる 0240-23-6825 http://www.futabamiraigakuen-h.fks.ed.jp/双葉地区教育長会などによって決定した「双葉郡教育復興ビジョン」の柱として2015年に開校。進学に対応したアカデミック系列、スポーツに特化したトップアスリート系列、農業・商業・工業・福祉を学ぶスペシャリスト系列の3系列からなる総合学科。平成27年度スーパーグローバルハイスクール、OECD地方創生イノベーションスクール2030参加校。2019年度から中学校併設型中高一貫校となる予定。技能の習得にとどまらない。各教員が対話や主体的な活動を授業に導入。現実社会の問題を数学で解析する授業、数学科・公民科合同による2030年の社会について考える授業、理科や工業科の協力を得た福祉科の体験的授業など、さまざまな工夫を行っている。 これら「産社」「総学」の探究学習と各教科の学びを意図的につなげることで、目指す資質・能力を育成しようというのが、同校カリキュラムのコンセプトだ。 「各教科で身につけた知識・技能や思考力などを探究学習の実践に活用する一方で、探究学習で生じた意欲や新たな疑問を各教科に返していく。こうした探究学習と教科学習の往還による相互作用によって各学習の内容を深め、効果的に資質・能力を育んでいこうと考えています」(丹野校長) では、同校の大きな特色である探究学習について、具体的に見ていこう。 まず、1年次の「産社」では、「ふるさと創造学」という名で、復興に向けて複雑な地域課題を多面的に理解することを目標とした授業を行う。その中心的な活動が「演劇」だ。劇作家・演出家の平田オリザ氏を講師に迎え、数人ずつのグループで、地域でのフィールドワークをもとに復興に向けた課題を見つめる対話劇を制作し、自ら演じる。 地域には、原発事故による住民の離図1 ふたば未来学園高校「未来創造型教育」の全体像演劇を通じて問題の本質に目を凝らす協働創造自立※ダウンロードサイト:リクルート進学総研 >> 発行メディアのご紹介 >> キャリアガイダンス(Vol.421)新しい生き方、新しい社会の建設を目指し、地域や世界を舞台にして、これまでの価値観、社会のあり方を根本から見直し、自らを変革し、地域を変革し、社会を変革していく「変革者」を育成する。未来の「変革者」たち< 教育目標 >< 変革のための3つの理念と取り組み >● 各教科と探究の往還による、知識を生きて働くものとする「深い学び」● 震災と原発事故から学び、教訓を生かした、新たな生き方の創造● グローバル化や少子高齢化・人口減少が進行した社会、知識基盤社会における新たな地域、社会の創造● イノベーションにつながる新たな価値の創造● 知識詰め込みから脱却し、自ら学ぶ力を育成する「主体的な学び」● 解のない課題への挑戦を後押しする授業● 学力向上・進路実現● 生徒指導、教育相談体制の充実● 多様な主体との連携・協働による「対話的な学び」● 価値観や文化の違いを超えて共に生きる力の育成● 国際、人権感覚を備えた市民の育成1.自立~自主・自律と、主体性の回復~2.協働~多様性の中での共生、協働~3.創造~新たな価値、生き方、社会の創造~同校資料より作成図2 ふたば未来学園の  人材育成要件・ルーブリックの項目492018 FEB. Vol.421

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る