キャリアガイダンスVol.423
10/66

としていました。それで生徒のすべてが見えるとは言いませんが、少なくとも、一人で見ているよりは、浮かびあがってくるものもあるだろう、という発想です。 来年度から始まる「高校生のための学びの基礎診断」も、教員からすれば、生徒を多面的・多角的に見る際の一つの重要なデータであり、また生徒との対話のタネとしても役に立つでしょう。ものを考え、判断し、行動する基は、やはり知識であり、知識を活用する力です。そうした基礎学力がどの程度習得されたかというデータをもとに、指導の改善はもちろん、学習意欲の喚起を促すためのツールになることを期待しています。 これも堀川高校での例ですが、自分で決めた課題に年間を通して取り組む総合的な学習の時間「探究基礎」において、教員が何を評価の対象にしたかというと、当然ですが論文やポスターなどの成果物です。授業への取り組み具合もそう。 それらに加えて、生徒自身が書く振り返りの文章が重要な意味をもっていました。そこにはテーマを選んだ理由や取り組みの過程で感じたこと、工次につながるものでなければ意味がありません。なぜなら、評価をする相手は、「これから」を生きていく存在なのですから。 先のことなどわからないが、それも含めて、「これまで」と「いま」を、「これから」にどうつなげていくか。次につながる評価、もっといえば、学習意欲を高める評価こそ、学校教育における一連の評価活動であるべきだと、私は思っています。 多面・多角という響きから誤解を生みやすいのですが、多面的・多角的な評価とは、単に評価項目を3から7に増やすという、数の話ではありません。むしろ評価する側の姿勢の問題です。テスト結果という生徒の一面だけではなく、さまざまな面を見る。結果だけではなく過程、つまり、そこに向かう努力や、失敗から学ぶ態度なども含め、さまざまな視点で生徒を見るということです。 最も単純なのは、複数の教員が評価に関わることでしょう。堀川高校の進路検討会では、担任、進路担当、教科担当など十数人が集まり、一人の生徒をいろいろな角度から捉えることで、希望する進路実現につなげよう夫してうまくいったときの喜びや失敗から学んだことなどが生き生きと書かれています。授業を通して生徒が身に付けた力や成長の様子を教員が読み取るうえで、これほど貴重な材料はありません。ただし、読み取るには、教員の力が必要になります。あたりまえですが、評価することは楽ではありません。 先ほども述べたように、生徒の成長を促す「過程の評価」はとても重要です。その点で、学習過程のさまざまな成果物や作品、感想、記録を集積した、学びの足跡としてのポートフォリオや、そうしたものもベースに自分の在り方・生き方についても考える「キャリア・パスポート(仮称)」(12ページ参照)も、生徒を多面的・多角的に評価するうえで、また、「対話のタネ」として少なくない役割を果たすでしょう。 人は忘れる生き物ですから、生徒にとっても、「自分がどんなことをして、どんなことを考えてきたか」を振り返り、未来につなげるための貴重な記録となるはずです。「これまで」と「いま」を、どう「これから」につなぐか評価のための対話のタネとなる学びの足跡=ポートフォリオ多面的・多角的な評価とは評価項目を増やすことではない

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る