キャリアガイダンスVol.423
14/66

徒が入学前、どんな活躍や努力をしてきたか、上級学校の先生は内申書に書かれたこと以外、ほとんどわかりません。その、見えない壁が低くなるわけです。 私が籍を置く生徒指導・進路指導研究センターの調査によると、高1での中途退学・不登校傾向は、授業や学校行事の参画意識と相関があることが明らかになっています。高校入学前のこうした情報を高1の担任がもっていれば、一歩進んだ生徒指導ができるでしょう。 個々の子どもの中では学びはつながっているのに、学年や学校段階で指導が途切れては残念。「学びをつなぐ」ことは教育の本質です。から、来年はこんな工夫をしたい」など、見通しをもって振り返ったり、教員や友人との対話を通じて自分を客観的に理解したりする機会があったわけですから、学年が上がりクラスが変わっても、それを引き継がなくてはもったいない。「今の学びが将来、何かに姿を変えていく」ことが意識できれば、内発的動機付けによる学習意欲の向上にもつながるはずです。 それに、ポートフォリオは、自己理解を深めるツールであると同時に、教員にとっては、生徒理解を深めるための貴重なツールでもあるのです。しかも、「キャリア・パスポート」の場合、学校段階を越えての活用が期待されている点がポイント。一般に、その生 ポートフォリオ、「キャリア・パスポート」には、教科・科目、特別活動、課外活動や家庭・地域での学びを生徒自身がまとめ、紡いださまざまな記録が蓄積されるわけですが、それだけでは単なる記録集。それを生徒のキャリア形成につなげられるかどうかは、教員による意図的な対話、働きかけにもかかっています。例えば、――先生が「語る」ときは、「あなたはどうしてそう思うの?」というように子供たちの考えを引き出すよう意図することが大切です。子供に「語らせる」ときは、耳を傾けて受け止めるよう心掛けることが大切です。生徒同士に「語り合わせる」ときは、自他の違いに気付き、それを受け入れるよう促していくことが大切です。 以上は、国立教育政策研究所発行のリーフレット『「語る」「語らせる」「語り合わせる」で変える!キャリア教育』に掲載された働きかけのヒント。学校におけるキャリア・カウンセリングそのものです。ぜひ、参考にしてください。 対話といっても、話すだけとは限りません。例えば、生徒が残した記録に対して、「がんばったね。こういうところに努力の跡が見えるね」と、丁寧に感想を書き込んだり、話したりする時間がないのであれば、赤ペンでアンダーラインを数カ所引くだけでもいいのです。それだけで、「あなたの様子、担任は見ていますよ」というメッセージになるはずです。 思春期には、否定的な記録を残す生徒もいます。例えば、進路アンケートに「やりたいこと、特になし」と書く。しかし、「特になし」と書くからには何かある。人間関係で苦しんでいるのかもしれません。そんなとき、強制的に「書け」「振り返れ」という指導は不要。じっと寄り添ってあげてください。いつか不安定な時期から脱し、自分を振り返ることができたとき、「特になし」と書かれた記録が、意味をもつこともあるはずです。 学びの過程を蓄積したポートフォリオ。これを、大学入学者選抜や就職活動で活用できないかと問われれば、もちろん活用できます。「活動報告書」や「志望理由書」を書くにしろ、面接や小論文で「あなたの学びを振り返ってください」という質問やテーマに答えるにしろ、丁寧に積み重ねてきた記録をもち、そこから思いを形にできる人と、薄れた記憶に頼らざるを生徒一人ひとりの学びをつなぐ大切なのは教員の働きかけ話すだけが「対話」ではない生徒の自己評価=学習活動学習評価の資料としては有効142018 JUL. Vol.423

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る