キャリアガイダンスVol.423
15/66

きないとしても、社会に出たとき、「こんな宝物をもって卒業したんだ」ということが大きな自信になり、生きる糧になると私は思っています。 セキュリティや管理、時間確保の問題、先生方の資質・能力の向上など、課題は多く、国の制度として定着させるためには、時間はかかるでしょう。けれど、子どもたち一人ひとりの学びの継続性を担保するためにも、学習意欲を促すためにも、子どもたちの自己理解や先生方の生徒理解のためにも、今、始めなければならない取り組みだと思っています。を想定した「キャリア・パスポート」ですが、高校までの学びでとじるものではありません。進学先のゼミなどで、これからのキャリアを見通す材料としたり、教員の学生理解に使われることも期待されています。 社会に出てからも同様。例えば、職場において理想とのギャップに悩み、精神状態がネガティブになっていたとします。そんなとき、「あのとき、苦労したけれど、担任に励まされたなあ」とか、「地域の人たちの役に立てて嬉しかった」など、具体的なシーンを思い出すきっかけにもなる。いざとい得ない人とでは、深みが違ってくるのは明らかです。 ただし、生徒が日常的に蓄積したものをそ・の・ま・ま・コピペして入学者選抜に使うことは適当ではありません。というのも、ポートフォリオも「キャリア・パスポート」も自己評価。「評価」とついてますが、自己の変容や成長を言語化する「学習活動」です。 先の答申における「自己評価を行うことを、教科等の特質に応じて学習活動の一つとして位置付ける」(③段目)という一文は、まさにそれ。 一方、成績をつけるなどの「学習評価」は教員が行うもの。生徒の学習活動を基に教員が対話的に関わりながらしていくものです。その意味で、学習活動である自己評価が、そのまま学習評価になってはいけないのです。 さて、小・中・高と持ち上がることうときの心の拠りどころです。 私事ですが、母親が長年書き溜めたメモやアルバムは、いわば私のための「キャリア・パスポート」でした。中学校教師として、思春期の生徒を預かる立場になった私に、不安でひ弱だった中学生時代の自分を思い出させ、生徒一人ひとりに寄り添うことの大切さを繰り返し教えてくれました。 もし私自身、中高時代からそうした学びの足跡を自ら綴っていたとしたら、どんなに今、勇気づけられるか。それは、学校生活を通して蓄積してきた「超大作」。その当時は、実感で自己評価という学習活動をどう促すか子どもたちの宝であり超大作自分を支えてくれる生きる糧に国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター発行のキャリア教育リーフレットシリーズ特別編1『キャリア・パスポートって何だろう?』(平成30年5月)等では、キャリア教育におけるポートフォリオの重要性を解説。実践事例も紹介されています。詳しくは下記を。http://www.nier.go.jp/shido/centerhp/3.htm#sinro「キャリア・パスポート」が描く生徒の未来長田 徹(文部科学省/国立教育政策研究所)

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る