キャリアガイダンスVol.423
28/66

 ポートフォリオや「キャリア・パスポート」(仮称)は、生徒が日々の学校活動の中での学びや気づきを記録し、積み重ねていくものだ。※以下(仮称)は略。生徒たちは教科学習に限らず、部活動や行事など、あらゆる活動の中で成長していくが、自分の成長を漠然と感じることはできても、言語化して表現することは容易ではない。そのため、「教員の対話的な関わり」が必要とされてくる。 こうした対話が「キャリア・カウンセリング」なのだと、追手門学院大学の三川俊樹教授は解説する。 「キャリア・カウンセリングは進路指導などの特別な時間に行うことではなく、生徒との日常的な会話の中で、生徒の心の成長や発達につながり、生徒自身が自分について考えられるように導く対話のことです。つまり、生徒に気づきをもたらす意図をもった、教員からのコミュニケーションのことなのです」(三川教授) それをイメージしてもらうために、三川教授が教員研修などで参加者に向けて実施しているのが上記の会話に始まるワークだ。参加者が先生役と生徒役のペアになって、生徒役の人が上記の生徒の発言をするところから始まる。5〜6往復の会話を重ね、最後に生徒役の人がどんな気持ちになったかを体感してもらうのだ。皆さんはどのような対話の展開になるとイメージしただろうか。例えば、「大丈夫だよ」というような言葉かけを考えた先生もいるだろうが、その結果、生徒は前向きな気持ちになって対話を締めくくることができただろうか(ワークの解説については34ページの三川教授インタビューを参照)。 こうした知識をふまえて、キャリア・カウンセリングの視点から学校活動のすべての場面で、生徒との対話を見直して実践しているのが、沖縄県立北谷高校だ。さらに北谷高校では昨年からキャリア・パスポートに取り組み、生徒たちが自分の活動を振り返り、自分の言葉で記録することを始めている。 次ページから北谷高校の取り組みを通じて、教師と生徒の対話の重要性について考えてみたい。生徒自身の気づきを促す教員からの働きかけとは?導入ワークキャリア・カウンセリングとは、生徒の成長や発達につながる「適切なコミュニケーション」のこと【下記の生徒に、皆さんならどう応えますか?】皆さんがかけた言葉によって、その後どんな会話がつづくかイメージしてみましょう。生徒先生◎皆さんが生徒にかける言葉を考えてみましょう※状況:入試の1週間前に不安になって相談に来た生徒自分なりにはがんばってきたんですけど、試験に合格できるでしょうか?282018 JUL. Vol.423

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る