キャリアガイダンスVol.424
13/66

 新学習指導要領では、各学校において、「第1の目標」と「各学校における教育目標」を踏まえて独自の「総合的な探究」の目標を設定し、その実現にふさわしい「探究課題」(学習対象)と、その課題解決を通して育成を目指す「具体的な資質・能力」を設定していくことが示されています(図2)。ここで注目したいのが、今回新たに、学校教育目標を踏まえて、この時間の目標を定めることが明記された点です。「総合的な探究」における学習活動が、学校教育目標で目指す理念の具現化に向けて極めて重要な役割を果たすことが、今まで以上に鮮明になりました。ですから、教科・科目等横断的な「総合的な探究」を教育課程の中核に位置付け、各教科・科目等との関わりを意識しながら、学校の教育活動全体で資質・能力を育成するカリキュラム・マネジメントが課題を「自ら」発見することが強調されています。実践においては、社会のつながり、体験学習などを通じて、生徒たちが自分で問いを見いだし、課題を設定できるように取り組んでいくことが重要になってきます。題に取り組む場合、「総合的な探究」では、「高齢者の暮らしを支える仕事に就きたい」といった自分自身の将来像などから探究する課題を設定することが考えられるでしょう。 さらに、「総合的な探究」では、その求められてくるのです。 具体的な活動内容ではなく、その活動の目的が「総合的な探究」の目標や育成を目指す資質・能力につながっているかどうかで判断することが重要です。それにはまず、「総合的な探究」の趣旨の理解から始めることが大切です。その上で、従来の内容が単なる面接指導や補習で留まっていて、探究の過程に位置付けているといえない場合は、見直しを検討しなければなりません。多忙ななかで簡単ではないかもしれませんが、一歩ずつでも前に進めることが求められます。 今、「総合的な学習」を学んだ経験をもつ先生方が増えてきたことは、力強い追い風です。ベテランと共に若い力も取り込むことで、すべての高校において、「総合的な探究」が充実していくことを願っています。図2 総合的な探究の時間の構造イメージ教育課程の中核として、学校教育目標と一貫性をもたせた設計が必要各学校での目標や内容の設定にはどんな影響があるか探究の過程に適切に位置付けているか、取り組み内容の点検が必要進路指導やキャリア教育などこれまでの内容を変えるべきか第1の目標各学校において定める目標各学校において定める内容教科・科目等を越えた全ての学習の基盤となる資質・能力目標を実現するにふさわしい探究課題探究課題の解決を通して育成を目指す具体的な資質・能力その学校が総合的な探究の時間で育成することを目指す資質・能力現代的な諸課題に対応する横断的・総合的な課題(国際理解、情報、環境、福祉・健康など)地域や学校の特色に応じた課題生徒の興味・関心に基づく課題職業や自己の進路に関する課題踏まえて踏まえて各学校における教育目標自分自身に関すること及び他者や社会との関わりに関することの両方の視点を踏まえる学びに向かう力、人間性等探究の過程において発揮され、未知の状況において活用できるものとして身に付けられるようにする思考力、判断力、表現力等他教科等及び総合的な探究の時間で習得する知識及び技能が相互に関係付けられ、社会の中で生きて働くものとして形成されるようにする知識及び技能育まれ、活用されるようにすること情報活用能力言語能力考えるための技法(比較する、分類する、関連付けるなど)探究の過程において、コンピュータや情報通信ネットワークなどを適切かつ効果的に活用して、情報を収集・整理・発信するなどの学習活動(情報や情報手段を主体的に選択し活用できるよう配慮)他者と協働して課題を解決しようとする学習活動言語により分析し、まとめたり表現したりするなどの学習活動自在に活用されるようにすること目標学校が設定する目標他教科等で身に付けた資質・能力内容の取扱い指導計画学校が設定する内容相互に関連付け、学習や生活において生かし、それらが総合的に働くようにする相互に関連付け、学習や生活において生かし、それらが総合的に働くようにする例※文部科学省「高等学校学習指導要領解説 総合的な探究の時間編」を基に編集部で作成新学習指導要領が示す新たな探究の時間とは渋谷一典 (文部科学省初等中等教育局 教科調査官)Interview 2132018 OCT. Vol.424

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る