キャリアガイダンスVol.424
6/66

なぜ今、「探究」なのか 新しい学習指導要領が告示されて半年が経ちました。「資質・能力改訂」と称されるように、育成を目指す資質・能力が学習者主体の視点で再構築されています。高校においては、教科・科目の枠組みも見直されるなか、名称が変わり、内容も進化した「総合的な探究の時間」。 各学校においては校内研修会などを通じて理解を深め、年間指導計画の立案に向けて検討が始められているのではないでしょうか。来年度からの先行実施を見据えて、プロジェクトチームを結成して検討を始めた学校、探究を核として教育課程そのものを大きく見直す学校改革の動きも見受けられます。 他方で、「現行の内容と、何がどう変わったのか?」「テーマはどう決めればいい?」「今の取り組みを変える必要があるのかどうか…」「受験対策に本当になるのか?」など、不安を隠し切れない現場の声も伝わってきます。 なぜ今、「探究」なのでしょうか。今日の社会経済環境が、極めて予測困難な状況に直面していることは言うまでもありませ情報の収集62018 OCT. Vol.424

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る