キャリアガイダンスVol.429
66/66

※校内で教材として使用する以外の本誌の記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。次号Vol.430は発行日2019年12月10日予定です。自分用のキャリアガイダンスが欲しい! という方へ…年数回のメールアンケートと小誌読者アンケートにご回答いただく編集協力委員になりませんか? ご登録いただいた方には、小誌をご自宅宛に毎号郵送&メールマガジンをお届けさせていただきます。お申し込みは [1]お名前 [2]メールアドレス [3]ご自宅住所 [4]勤務先高校名[5]校務分掌を明記のうえ、下記アドレスにメールをお送りください。※高校教員以外の方はご応募いただけません。 E-mail:career@r.recruit.co.jp発行所株式会社リクルート本社東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー問い合わせリクルート進学ホットライン フリーダイヤル:0120-161-656受付時間/月~金曜日(祝日・年末年始を除く)10:00~17:00(13:00~14:00を除く)デジタルプリプレス/印刷・製本株式会社リクルートコミュニケーションズ/廣済堂Teacher’s Voice毎月2回、リクルート進学総研Webサイト/キャリアガイダンス.netの更新情報や、教育トピック、教育関連イベントの情報などをタイムリーにお届けします!登録をご希望の方は、キャリアガイダンス.netから。または右側の二次元バーコードから登録画面に進み、必要事項を入力してください。●対象は高校の先生に限定させていただきます。●プレゼントの当選は賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。●個人情報の取り扱いについて/アンケートの回答フォームから リクルート進学総研のプライバシーポリシーをご確認ください。ご回答いただいた方に抽選で10名様に図書カード(2000円分)を差し上げます。また、誌面(Teacher'sVoice)に掲載させていただいた方には別途、図書カード(500円分)を差し上げます。アンケート回答期限2019年11月10日までEditor’s Notehttps://goo.gl/yrc6Ot発行人柏村美生編集人山下真司編集・進行林 知里/佐々木 泉美沖崎 茜/松村円香/高尾優希/阿部優維編集顧問角田浩子プレイスプロモーション西野 由利子/木村 健太郎/梶原博史/池田 脩太郎アートディレクションKuwaDesignデザイン渡部隆徳/熊本卓朗(KuwaDesign)プリンティングプランニング吉田陽亮/郡司佳実表紙・扉撮影広路和夫●「特別活動」に光をあてる特集は画期的。教育課程に位置づけられているにもかかわらず、現場では軽んじられている現状に対し、本筋からぶつかっていく内容がすばらしい。ポートフォリオやキャリアパスポートを機能させるためには、特活として実践を再構築する時間確保が不可欠。P18~21(長田先生)をコピー配布し、校内で問題提起した。 (静岡県・稲葉 渉先生)● 浦和学院高校の石原校長先生の記事に感銘を受けました。生徒に活躍の場を!とは言うものの、教員についてもそこまで考えるのはなかなか難しいものです。人員配置の都合で、教科や部活、校務分掌で専門外や不得手なものを担当することもあります。それが良い経験となることもありますが、若いうちに何か責任ある仕事を任されるというのは、やりがいもありますし、自分が自由に考えて実践した経験は後に生きると思います。適材適所と言いながら、結局は大きな組織の中で淡々と業務をこなさざるを得ない中、校務を細分化して若手にも「長」を任せる大胆さに敬意を表します。(山形県・高橋英路先生)ご意見・感想をお寄せください!メールマガジンをお届けします!編集協力委員 募集中!先生方から届いたキャリアガイダンスVol.427(2019年7月発行号)へのご意見を掲載創刊50周年特別セミナー第2弾探究、教科、特別活動…生徒の“主体性”をどう育むか?日時 2019年11月2日(土)12:20~17:40(予定)※開場11:50会場 リクルートGINZA8ビル 11Fホール【基調講演】 荒瀬克己(中央教育審議会委員/大谷大学教授)ほか高校実践レポート、ワークショップなど「キャリアガイダンスセミナー」 で検索ください。詳細はこちらECD 「Learning Compass 2030」の取材を担当しました。中心的な概念“エージェンシー”は、「主体的に考え、行動し、責任をもって社会変革を実現していく意志や姿勢」。資質・能力を身に付けるだけではなく、それを活かして自分の人生や社会をより良いものにしていくという考え方は、学習指導要領の前文とも呼応しますが、改めて、高校での学びの先にある目指すべき状態として納得感がありました。エージェンシーは、生徒だけではなく教師、大人など全員に求められるもの。OECDの方から「メディアも教育を進化させていくチームの一員」と言っていただき、身が引き締まりました。(林)O662019 OCT. Vol.429

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る