キャリアガイダンスVol.433
59/64

リクルートサービスを活用した実践事例【進路】 普通科と理数科があり、2018年度よりSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている横手高校。現役の国公立大学進学率60%という進学校だが、近年は漠然と大学進学を目指して入学してくる生徒が増え、キャリア教育の在り方が課題になっていたという。 「SSHに指定されたことで教育課程を見直すことになり、それを機に、これまで各学年で工夫をしながら取り組んできたキャリア教育のさまざまな活動を、より効果的なものに再構築すべきであるという声が出てきました。そうしたなか、昨年、木村利夫校長が着任し、国内外で貢献できる人材を育ててきた本校の魅力をもう一度見直し、キャリア形成の方法論を確立しようということになったのです」 そう話すのは、昨年、2年生のキャリア教育を指導した芳賀 崇先生だ。 「将来、自分が関わりたい分野やテーマが漠然としているなら、それを研究テーマとして設定し、実際に調べることで興味関心がもてるかがはっきりします。そこで、研究テーマをポスター形式のレポートにして発表する自由課題研究を、キャリア形成の柱にしました」と、芳賀先生。 研究テーマ設定後はスタディサプリの『進学事典』や『学部学科研究』を活用して、テーマを学べる大学や学部学科、類似研究などを調べ、テーマに関する入門書籍を一冊は読むように指示。夏休み前に生徒の視野を広げる工夫をしたという。 「学問や仕事は知っているなかからしか選べません。そのため、早い時期での学部学科研究が必要です。サプリの『適性診断』で、今まで関心がなかった学問や仕事がリストアップされていたら、調べてみる。また、本校の場合は国公立大学志望者が圧倒的に多いため、『学校詳細比較ワークシート』を記入する際に必ず私立を1校入れて比較してみよう! とアドバイスをし、オープンキャンパスへの雰囲気作りをしました。大学を見て模擬講義などに参加した夏休み後には、『研究テーマを変えたい』と相談に来る生徒が出てきました。私のクラスでは1割強。生徒たちが、進路を〝自分ごと〞として考えるようになった証です」 自由課題研究の成果発表は、11月に各クラスで行われた。終了後のアンケートでは、生徒の93%が「昨年より進路意識が高まった」と回答。「プレゼンテーション能力」や「研究意欲・態度」に関する生徒たちの自己評価も高かったそうだ。 「この結果は、すごく嬉しかったですね。キャリア形成の柱は、課題設定能力や思考力・判断力を養う自由課題研究と、視野を広げる学部学科研究、人に伝える力を養う成果発表の3本。3年次も課題研究のグループワークを継続し、大舞台での成果発表を経験させながら、本校独自のキャリア形成の基礎を作っていきたいです」漠然と大学進学を考えている生徒に、キャリア形成の方法を示したい課題『学部学科研究』『適性診断』『学校詳細比較ワークシート』で、生徒の視野を広げる活用 キャリア教育  総合学習  課題研究  学部学科研究【活用キーワード】創立1898年/普通科・理数科(男女)/生徒数700人(男子366人、女子334人)進路状況(2020年3月実績)大学194人、短大6人、専門学校等3人、その他30人取材・文/丸山佳子4月 自由課題研究テーマの設定右は芳賀先生作の「テーマ設定シート」。ステップ①でテーマ候補の題材・分野を10個選び、②はグループワークでマインドマップを作成。③で研究の視点・切り口を考え、テーマを決定する。研究テーマを学べる大学や学部学科調べ、研究テーマの調査方法や資料集め、入門書選びなどを行う。『適性診断』によって今まで関心がなかった学問や仕事への適性がわかったら、学部学科を調べて視野を広げる。夏休み前までに国公立大学だけでなく私立大学も加えた『学校詳細比較ワークシート』を完成させ、選択肢を広げる。5月 大学・学部学科研究6月 『適性診断』『学校詳細比較ワークシート』設定したテーマを「仮説・実験・検証・まとめ」の過程を重視してレポートにまとめる。7月~ 自由課題研究課題研究の成果はポスター形式にまとめ、各自がプレゼンテーション。優秀作10作を、校内の中央廊下に貼り出した。11月 自由課題研究・成果発表2月下旬、2年生全員の成果をまとめた「自由課題研究集録」が完成。4月からは類似テーマを研究した生徒たちでグループワークを開始。オンラインで大学や企業に取材を申し込み、レポートをまとめていく総合学習を実施。その成果は、今年7月、2年生に向けて体育館で発表予定という。3年次4月~12~2月志望理由書作成「オープンキャンパスに参加したり、テーマに関する本を読んで興味関心が変わった生徒には、『進路が見えてきてよかった』と励まし、テーマを再設定。悩むことは貴重な経験です」と芳賀先生。夏休み オープンキャンパス参加、テーマに関する本を最低1冊は読むスタディサプリを活用した総合学習での2年次キャリア教育横手高校(秋田・県立)自由課題研究+学部学科研究+成果発表を通し、漠然とした進路を「自分ごと」にする3年進路指導担当芳賀 崇先生(数学)123612020 JUL. Vol.433

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る