カレッジマネジメント207号
25/70

252017年度1万6092名に2.04倍の増加を見ている。現在、追手門学院大学では、経営と教学を教育理念のもとで一体となって進めるという方針のもとで、理事会による中期経営計画に基づいた改革が進められている。現在、2016年に策定した第Ⅱ期中期経営計画に基づいて、「追大志願者の育成と確保」「追大型学びのスタンダード」等、8つの戦略ドメインを設定して教育改革が進められている。その内容を示したものが図1である。福島一政副学長は「中期経営計画は以前から策定されていたが、それに基づく組織運営はうまくできていなかった。しかし、ガバナンス改革を経て、中期経営計画を実質的に実現する組織体制が整備されるとともに、PDCAサイクルに基づいて、チェックしながら、全学をあげて改革を実現する体制が整備された」と話す。現在の追手門学院大学の運営体制を示したものが図2である。具体的には、中期経営計画を推進するために、理事会のもとに、2016年に中期計画戦略推進本部を作り、教務担当副学長を責任者に学長補佐など7、8人からなる教育改革本部を置いて、教育改革を推進する体制整備を進めた。そして、2017年7月からは、学部教授会を廃止して全学教授会に再編し、学部や機構単位の検討は学部会議・機構会議で行うこととした。これまでの学部教授会では、学長主導の改革や全学方針も、個々の教員とは学部長を経由した関係となるので、全学の執行部との中期経営計画の最初に位置付けられた「高大接続・入試改革」関係が間接的となってしまう。執行部と各教員が直接対話する関係に変えることを目的にした改革であるという。このようなガバナンス改革をもとに、創立130周年に合わせて、学生同士の「学びあい、教えあい」を実現することを目指した全学的な教育改革を進めている。2019年4月に、JR京都線の新駅であるJR総持寺駅から徒歩約10分の場所に、全学部1年生と地域創造学部と国際教養学部の2学部の教育を行う新キャンパスを設置する。新キャンパスには、中学・高校も全面的に移転する。学生が学部を超えて学ぶ、「学びあい、教えあい」を実現するキャンパスを整備し、教育改革を進めていくのである。そして、大学の規模の拡大も目指しており、収容定員を2020年には8000人に、将来的には、経営の安定と魅力ある教育のために1万人規模の大学として最先端の教育を実現するという。中期経営計画の8つの戦略ドメインに基づいた取り組みの一つとして、大学の理念、ポリシーに沿った入試改革として、アサーティブプログラム・アサーティブ入試を進めている。アサーティブプログラムは、高校生に大学で学ぶ目的を考えさせ、大学で学ぶ姿勢と意欲を持つことができるように育てるものであり、アサーティブ入試はその成果を発揮するものである。プログラム運営を担当している志村知美アサーティブ課長は、「追手門学院大学は、学生の不本意入学が多かった。不本意入学者の低減を目指すアサーティブプログラム・アサーティブ入試リクルート カレッジマネジメント207 / Nov. - Dec. 2017ビジョン実現のための8つの 戦略ドメイン【施設環境】Ⅶ.安全・安心・快適性からの環境整備【経営】Ⅷ.育み受容する経営文化教室から地域社会にまで拡散する様々な学びの活動と教育研究活動を、安全・安心・快適性の観点から環境整備し、持続的に運営する。総合学園人財ネットワークの相互信頼力とコミュニケーション力を促進強化し、現場の多彩な発案力と挑戦心を育み受容する経営文化を持続する。【入試・募集】Ⅰ.追大志願者の育成と確保高等学校との信頼関係を強化しながら、本学での学びのレディネスをもつ志願者層の募集・育成・確保を持続的に実現する。【学生・キャリア支援】Ⅴ.社会的自立のための学生・キャリア支援未来の社会において自発的・自律的・自立的に選択・行動する卒業生を輩出するために、課外の多様なアクティビティの促進とキャリア発見・獲得・維持を支えるサービスを創意工夫する。【地域貢献】Ⅵ.地域社会への連携サービス北摂津内外の地域社会を守り育てる人々と協同し、生活・文化・経済にわたる地域の行動力と教養力を支える連携型サービスを開発・提供する。【研究】Ⅳ.共創する研究コミュニティー専門の壁を超えて、学生・院生・職員をパートナーとして共に議論・探求・創造する研究者のコミュニティーを追手門キャンパスに浸透し、持続させる。【教育】Ⅱ.追大型学びのスタンダード体験を通した学生の飛躍的な成長を促すために、学際的アクティビティ型と専門講義・ゼミ型の双方の学びを組み合わせた追大型教育スタンダードの質を形成する。【グローバル】Ⅲ.国際派学生を支える学びと教育の環境世界の舞台とキャリアを自ら引き寄せる国際派学生を支えるために、キャンパスに多文化の交流・交換を支える学びと教育の環境をつくりあげる。一人ひとりの学生が志を掲げて自らを信頼し学び実践する文理総合の学びの文化を有する大学となる図1 追手門学院大学ビジョン入学者選抜特集

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る