カレッジマネジメント207号
52/70

522017年8月17日のインドネシア独立記念日、研究・技術・高等教育省※1は、国内の高等教育機関をランクづけし、トップ層に入った高等教育機関を発表、その数日後の2017年8月21日にトップ100(ポリテクニックは除外)を発表した※2。表1はそのトップ15を示したものである。同省は、高等教育のパフォーマンスを、1)教員の質、2)機関の質、3)学生の諸活動の質、4)研究・学術出版の質の4つの指標によって評価している。さらに1)の指標は、 ①博士号を取得している教員の割合、②上級講師(lector kepala)と教授の割合、③教員と学生の比率、2)の指標は、①機関のアクレディテーション、②教育プログラムのアクレディテーション、③国際アクレディテーションもしくは国際認定証(certicate)を有する教育プログラム、④留学生数、3)の指標は、学生のプレステージ及び学生の活動に対する高等教育機関による支援、4)の指標は、①研究調査のパフォーマンス、②スコーパス・インデックス付き出版物の対教員数比、③社会奉仕のパフォーマンスから、それぞれ構成されている。収集されたデータは高等教育機関の質向上のための一次データとして、さらに各高等教育機関を指標に応じてクラスター化する資料として活用される。一方でイギリスのQS社が発表した2015/2016年の世界大学ランキングにおいて、インドネシア大学は358位、バンドゥン工科大学は431位-440位※3であり、今後さらに上位へのランキングが目指されている。このようにインドネシアの高等教育機関は、常に国内外の競争にさらされている。2015年のインドネシア政府統計によると、インドネシアの人口は約2.55億人(世界第4位)。国土は日本の約5倍の面積を有し、約1万7000の島々からなる世界最大の島嶼国家である。この大国の高等教育は、教育の普及とともに生ずる深刻な地域格差やグローバル化への対応等、様々な葛藤を抱えつつもダイナミックに動いている。リクルート カレッジマネジメント207 / Nov. - Dec. 2017インドネシアの高等教育戦略服部美奈名古屋大学はじめに─うながされる競争4大学名1ガジャマダ大学国立ジョグジャカルタ特別州2バンドゥン工科大学国立西ジャワ州3ボゴール農科大学国立西ジャワ州4インドネシア大学国立ジャカルタ首都特別州5スプル・ノーベンバー工科大学国立東部ジャワ州6ディポネゴロ大学国立中部ジャワ州7アイルランガ大学国立東部ジャワ州8ブラウィジャヤ大学国立東部ジャワ州9ハサヌディン大学国立西ヌサ・トゥンガラ州10ジョグジャカルタ国立大学国立ジョグジャカルタ特別州11スブラス・マレット大学国立中部ジャワ州12アンダラス大学国立西スマトラ州13インドネシア教育大学国立西ジャワ州14パジャジャラン大学国立西ジャワ州15マラン国立大学国立東部ジャワ州表1 研究・技術・高等教育省発表のトップ15大学2017

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る