カレッジマネジメント210号
24/72

24日本の専門職大学院のうちビジネスとMOTの2017年の入学者は2300人であるが、そのうちグロービス経営大学院大学(以下、グロービス)が782人(図表1・4月入学者のみ)と3分の1を占める。これに次ぐ早稲田大学大学院が226人(4月入学者のみ)であるから、グロービスがいかに突出した規模を持つかが分かる。ほかのビジネス・スクールと比較すればその歴史は浅い。1992年に株式会社グロービスが設立され、そこでグロービス・マネジメント・スクールとして事業が開始されてからを数えれば四半世紀、株式会社立から学校法人グロービス経営大学院大学になった2006年から数えれば10年ほどしか経っていない。学校法人になった2006年の入学者数は、図表1に示すように、わずか78人である。それが10年で10倍へと驚異的な伸びである。ちなみに、グロービスの2年間の学費は298万4000円、厚労省の専門実践教育訓練給付金の助成を受けても186万4000円は必要である。在学者の出身大学は銘柄校であり大企業勤務者が多いものの、約60%が30歳代であることからすれば、決して余裕を持って支払える金額ではない。それにも拘らず、こんな高い買い物をしようという学生が、約800人にまでなったのである。これほどまでに成長できたその鍵は何であろう。その秘策に迫ってみたい。グロービスがターゲットとする顧客は、いわゆる社会人である。従って、職業と学習を両立させるための学習の利便性を図る仕掛け、即ち柔軟な時間の利用と時間の節約ができる仕掛けが必要である。まず、それを確認しておこう。第1は、パートタイムで通学できることである。授業は、夜間と週末を利用して開講されている。第2は、時空を超えるオンラインの利用である。eラーニングによるコンテンツ提供は2000年から始めていたが、全ての授業をオンラインで提供するプログラムは2015年から開始した。日本語と英語のプログラムがあり、TV会議を利用し受講者の在住地域との時差を考慮しつつ開講されている。第3は、3カ月で単位取得ができるクオーター制の導入である。これには、2つの目的がある。1つは、異動や長学習の利便性リクルート カレッジマネジメント210 / May - Jun. 2018ビジネス・スクールというビジネス田久保善彦経営研究科長78200620072008200920102011201220132014201520162017103128800700600(年度)(人)5004003002001000194278321373468575659717782グロービス経営大学院大学1C A S E日本最大のビジネス・スクール図表1 入学者数推移

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る