カレッジマネジメント210号
36/72

36リクルート カレッジマネジメント210 / May - Jun. 2018働く人が主体的に学び、キャリア形成を支援する教育訓練給付制度が導入されたのが1998年。当時筆者は、社会人の学びをサポートするリクルートの情報誌「ケイコとマナブ」の商品企画責任者だった。1997年の山一ショックの記憶に象徴されるように、不景気のまっただなか、1999年の大卒求人倍率は1倍を切り“就職超氷河期”と呼ばれた時代だった。インタビューした有名大学文学部の女子学生は、就職活動がうまくいかず、卒業後専門学校に進学し直して、資格の欄を埋めて、自信を持って就活に臨みたい、と語っていた。当時の支援の主たる目的は、失業対策、若者の自立支援であり、人気を集めたのは、パソコン教室、英会話学校だった。それから20年、状況は大きく変化している。人生100年時代と言われる一方で、産業構造が大きく変化し、企業の寿命は30年から20年弱まで短くなっている。IT化、グローバル化、技術革新のスピードが加速するなかで、企業の寿命より人間の就業期間のほうが長くなっているのである。「一社で勤め上げる」という言葉も、今の30歳代にとっては、既に過去のものとなりつつある。まさに、会社に頼るだけではなく、個々人が自律的にキャリアをデザインする時代になっているということである。人生100年時代にあっては、かつての「学ぶ時期→働く時期→老後」といった人生3ステージではなく、「学ぶと働くが相互に行き来する」人生に変わってくるといわれている。当然、支援のあり方も変わってきて然るべきである。そうした時代の変化に対応した社会人の学びとはどのよう社会人の大学等における学び直しの実態把握に関する調査研究(平成27年度イノベーション・デザイン&テクノロジーズ株式会社)http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/itaku/__icsFiles/aeldle/2016/06/02/1371459_01.pdf0102030405060708090(%)(%)無回答その他民間の教育訓練機関(コンサルティング会社含む)公共職業能力開発施設専門学校高等専門学校短期大学大学院大学010203040無回答その他他の機関に比べてコストがかかるため他の機関のほうが業界分野に関する最先端の技術を学ぶことができるため大学等との繋がりがないため他の機関に比べて教育肉容が実践的ではなく現在の業務に生かせないため大学等でどのようなプログラムを提供しているか分からないため大学等を活用する発想がそもそもなかったため活用する外部教育機関の種別(複数回答)大学等を活用しない理由37.2%8.5%5.7%1.3%1.1%3.5%20.1%11.9%6.0%82.8%30.7%27.6%17.3%13.2%6.7%5.3%26.4%編集長の視点時代の変化を見据え、学習者の立場に立ったサポートへの転換が重要に小林 浩 リクルート進学総研 所長リクルート『カレッジマネジメント』編集長

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る