高校生の保護者のためのキャリアガイダンス2015
59/61

学費支払いシミュレーションがネットでできる!リクナビ進学 保護者版子どもの学びたいことが学べる学校・学部学科探しから、各学校の学費や奨学金、卒業後の進路や受けられる就職サポートなど、保護者の方々に知っておいていただきたい情報が満載。中でも「学費シミュレーター」は、学費の相場や卒業までの総額がわかるほか、家計情報を入力することで支払いシミュレーションができる人気コーナーです。「学費シミュレーター」の3つの特長志望校の卒業までの学費総額や、学部別の相場がわかる家計への学費の影響がグラフでわかる&専門家からのアドバイスも子ども3人まで入力でき、学費の重なりが一目瞭然!123●負担を抑えるこんな使い方、返し方を!! (奨学金や納付金は私立大文系の例)奨学金や教育ローンを利用するならみんなはどうしている?借りたお金の返し方奨学金やローンの返済は、10~20年続くのが一般的。今の時代、きちんと返せるか不安に思う人もいるでしょう。すでに返済している先輩たちの例を紹介しますので、親子で参考にしてください。奨学金の場合、在学中は無利子だが、教育ローンは借りた翌月から利息がかかる。利用するなら、下のような利用法で返済時の負担を抑えよう!返済は10年以上なので結婚後も返済しています妹の大学入学のため、大学3~4年に奨学金を借りました。卒業後に毎月返済し、卒業から5年目で結婚しましたが、まだ返済中。今は奨学金の返済分も家計の予算に入れて、確実に返済しています。夫は奨学金について気にしていませんが、結婚前に一括返済しておけばスッキリしたかも。(節約主婦を目指す妻)無駄遣いせずにお金を貯め3年後に奨学金を完済大学と大学院の合計6年間、支援機構の無利子の奨学金を借りていました。約400万円借りて、当初17年ぐらいの返済予定でした。勤め先は仕事が忙しく、一人暮らしでも自炊して無駄遣いしなかったため、貯蓄は3年で400万円近くに。その貯蓄を繰り上げ返済に充てて完済しました。(メーカー勤務の30代会社員)毎月の返済は順調だけど一人暮らしで貯蓄ができない私大に進学するとき、親の負担を少しでも減らしたいと思って、支援機構の第二種で毎月5万円借りました。お給料をやりくりして、毎月1万5000円程度を順調に返済中。返済期間は15年なので、お金を貯めて繰り上げ返済したいと思っているけれど、なかなかお金が貯まらない。(一人暮らしのOL)結婚・出産を経て、来年に繰り上げ返済で完済する予定大学の学費を支援機構の第二種で借りました。現在31歳で、まだ返済中です。今まで100万円ぐらい返済して、140万円ぐらい残っています。2年前に出産し、去年仕事に復帰。今は共働きで貯蓄を頑張って、来年繰り上げ返済して完済する予定。奨学金が完済したら、2人目が欲しいです!(子育て中のママ)要チェック!初年度納付金:約125万円(学費は1年分納付)在学中奨学金月額8万円×12カ月貯蓄や学資保険から。不足するときは教育ローンから支払う例)100万円借りて金利3%の場合、月2500円程度例)100万円の借り入れなら卒業時に一括返済も可能そうすれば、卒業後の返済は不要に例)第二種で月額8万円を4年間の場合、返還額は月1万8000円程度で20年。卒業時に1年分を繰り上げ返済すると、返還額は月1万6600円程度で16年に短縮※いずれも利率は固定方式で1.2%、元利均等方式で保証機関は利用しない場合奨学金月額8万円×12カ月奨学金月額8万円×12カ月奨学金月額8万円×12カ月卒業時に繰り上げ返済教育ローンがあれば、ローンから。なければ、奨学金を繰り上げ返済する2年の納付金3年の納付金4年の納付金計96万円在学中は元金据え置きで利息のみ支払う奨学金の返還スタート卒業後は元利合計で返済計96万円計96万円卒業6カ月後~計96万円早めに繰り上げ返済をすれば、返すときの負担はぐんと軽くなる入学前1年次2年次3年次4年次61

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です