• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 群馬大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医学部
  • 作業療法学専攻

国立大学/群馬

グンマダイガク

作業療法学専攻

募集人数:
20人

心と体に障害を持つ人々の生活支援の知識と技術を学ぶ

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 大学教授

    専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する

    大学教授になるまでには、助教→講師(専任・非常勤)→准教授→教授と順を追って昇進していくのが一般的。教授には研究室や研究予算が与えられるので、独自の専門分野の研究を続けつつ、学生の指導にもあたる。指導力も重要だが、定期的に学会などで論文を発表したり、研究成果を出していくことも大切な仕事だ。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

初年度納入金:2017年度納入金 81万7800円  (内訳/入学料28万2000円、授業料53万5800円 ※その他学友会費等別途必要)

学科の特長

学ぶ内容

基礎分野、専門基礎分野、専門分野を段階的に学び、医療専門職業人としての学習を統合させる
基礎分野として、科学的思考の基盤や人間と生活に関する教養科目を学び人間理解を深めるとともに、専門基礎分野として、人体の機能・構造、心身機能の発達、疾病や障害とそれらの回復過程、保健・医療・福祉とリハビリテーション理念を学習。基礎理解を深めた上で、臨床実習など専門分野への学びにつなげていきます。

カリキュラム

障害を持つ人々が、豊かな生活を送るためにはどうすればよいかを研究するカリキュラムを設置
「基礎作業療法学」では、障害を持つ人々が日常生活を健やかに送るために必要な、筋の働き、動作、行為、精神の働きなどを学習します。「心身障害作業療法学」では、障害を持った人々が、快適で健康的な生活を取り戻すために作業活動をどう展開すればよいのか、その方法を修得するための教育・学習をします。

実習

保健学科・4専攻のメリットを活かし、医療現場の主流である「チーム医療」を体験的に学ぶ
「チーム医療教育」の重視が特徴で作業療法学・看護学・検査技術科学・理学療法学・医学科の学生が専門の枠を越え「チームワーク実習」を行います。医療・ケアの専門スタッフがチームを組み一人の患者さんの社会適応に関わる臨床現場を早い時期から体験的に学びます。2年からは作業療法の実践を学ぶ臨床実習を体験します。

研究テーマ

地域に暮らす人々の「生活の質」を体験的に学ぶ、新しい保健学教育が『地域交流教育』
豊富な地域活動を背景にした、本学ならではのユニークな教育が『地域交流教育』。地域に暮らす高齢者や障害者の人々から話を聞いたり、彼らを支える保健・医療・福祉の現場に出かけて「生活の質」を学ぶプログラムがあります。こうした交流を通し、「住み慣れた地域でよりよく暮らす」ことを支援できる人材を育成します。
国際交流を通し、留学生とともに学ぶ環境から国際社会に必要な能力を修得
国際社会で活躍できる人材育成を目指し,国際交流・国際協力を積極的に行っています。米国のワシントン大学やピジェット・サウンド大学、韓国のインジェ大学とも相互訪問や学生の交流を行っています。WHOの人材育成部門に保健学科の取り組みである「チームワーク実習」が高い評価を受け、人材の交流も始まっています。

教育目標

医療現場をはじめ、地域社会での障害予防や健康増進の担い手「作業療法士」を育成
作業療法とは、身体的・精神的な障害により健康機能を制限された人に対し、日常生活に必要な生活技術や社会的適応能力を作業を通じて回復させるための援助を行うことを目標とします。臨床実験を通して、患者さんに対する判断力や接触態度、作業活動の活用などに必要な専門知識と技術を学び、作業療法士の育成を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    群馬整肢療護園 、 群馬中央総合病院 、 群馬県立精神医療センター 、 日高病院 、 公立藤岡総合病院 、 新潟リハビリテーション病院 、 原宿リハビリテーション病院 、 前橋協立病院 、 わかば病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

群馬大学学務部 学生受入課
〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町4-2
TEL. 027-220-7150, 7151, 7154

所在地 アクセス 地図・路線案内
昭和キャンパス : 群馬県前橋市昭和町3-39-22 JR両毛線「前橋」駅より,関越交通バスで15分 「群大病院」下車

地図

 

路線案内


群馬大学(国立大学/群馬)