• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 釧路公立大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 對馬 有梨さん(経済学部 経済学科/MR(医薬情報担当者))

公立大学/北海道

クシロコウリツダイガク

付加価値をつけてご提案できるよう試行錯誤しています

先輩の仕事紹介

会社も自分も一番を目指す!こだわりを持って仕事をしています

MR(医薬情報担当者)
経済学部 経済学科 卒/2014年卒
對馬 有梨さん

この仕事の魅力・やりがい

MRとして担当地域の医療機関を訪問。自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報を医療関係者に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、そして使用された医薬品の有効性情報や安全性情報を収集して、正しい形で医療関係者にフィードバックする、という仕事をしています。新薬創出メーカーの一員として、患者さんのQOL向上や健康寿命の延伸に貢献できることが、やりがいであり大きな魅力です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃に体が弱くて病院へ通院することが多かったためか、薬の名前を覚えるのが好きでした。そのため、母親から「将来は医療関係の仕事をしたら?」と勧められて目指すように。ただ、高校へ進学し、薬学部へ進学するには化学が必修ということを知って一度は断念。しかし釧路公立大学に入学後、就職活動に取り組み始めた頃に、ゼミの先生からMRという職種があることを教えていただきました。MRは文系出身でも目指すことができ、目標としていた医療に携われる仕事だったので志望することに決めました。尊敬するゼミの先生からの後押しがあったことも、この職種を選んだ理由のひとつです。

情報収集したデータの分析は大切な仕事です

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、ゼミでの勉強とアルバイトに励んでいました。アルバイトは回転寿司屋で接客をしていたのですが、人気店で観光客も多く、がむしゃらに働いたことを覚えています。そこで学んだ「気配りの仕方」「効率の良い物事の考え方」「みんなで仕事をする大切さ」「笑顔」は、私の基盤となっています。釧路公立大学では地方財政論演習のゼミに入り、チームでディベートやプレゼン大会に取り組み、時には一週間近く徹夜で勉強したことも。その経験のおかげでプレゼン能力や論理的思考が身につき、今の仕事に役立っています。アルバイトやゼミ、ゼミでできた一生の仲間。釧路での4年間がなければ、今の私はないと思っています。

一つひとつ丁寧に仕事するよう心がけています

對馬 有梨さん

武田薬品工業株式会社 千葉埼玉支店勤務/経済学部 経済学科 卒/2014年卒/「やるからには一番を目指したい」と、何事にもこだわりを持って物事にあたる對馬さん。釧路公立大学に進学を決めたのは「少人数で学べるから。大学の4年間は自分に自信がつき、能力を引き上げてくれた大切な時間でした」とのこと。武田薬品工業株式会社に入社後、MRとして日々医療水準向上のため邁進している。「MRの主な業務は営業です。医師や薬剤師をはじめ医療関係者に信頼してもらえるように努力しています。将来的には、様々な職種にチャレンジして自分を高めていきたいです」と熱い想いを語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
釧路公立大学(公立大学/北海道)