• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 滋賀
  • 滋賀県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 環境科学部
  • 環境生態学科

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科

定員数:
30人

自然環境を総合的に理解し、人間と自然体系の関わり方を追究。環境の中で生じている問題の解決を目指す

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

目指せる仕事
  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2020年度納入金 81万7800円~101万8800円 

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の学科の特長

環境科学部 環境生態学科の学ぶ内容

豊富な野外実習と少人数制の授業を通じて、自然環境の分析技術や幅広い知識を修得
環境問題を解析し解決へと導く能力を養うために、幅広い分野の教員陣が担当する、基礎~最先端の内容を含む少人数制の授業を通 じ、自然科学の様々な分野に関する分析技術や知識を修得する。滋賀県の恵まれた自然環境から学 ぶ豊富な野外実習も実施し、野外調査に必要なノウハウを身につける。

環境科学部 環境生態学科のカリキュラム

環境科学の基礎を学び,実践的方法を習得。卒業研究が学びの集大成に
1年次から、「環境科学概論」などにより環境問題に関する基礎を学習することができる。これとともに、「環境フィールドワーク1」などのフィールドワーク科目などにより、実際に環境問題を発見しその解決法を考察する。4年次には、各自が興味を持ち選択した卒業研究に取り組む。

環境科学部 環境生態学科の授業

環境問題を発見し,その対処法を提案する能力を養うための科目群
環境の構造を知るための「大気環境学」「森林環境学」「集水域環境学」「海洋環境学」「湖沼環境学」や、環境の機能を理解するための「陸域物質循環論」「環境微生物学」「環境疫学」などの科目がある。また、環境保全・修復のための理論や技術を学ぶ水域、陸域、集水域等を対象とした「保全修復論」などもある。
野外フィールドでの観測や分析技術を取得するための科目群
滋賀県の恵まれた自然環境を活かして、フィールドにおける観測や分析の技術を取得するための水域、陸域、集水域等を対象とした「環境学実験」などがある。滋賀のみならず全国各地をフィールドとして実習を行う「環境学野外実習」がある。これらの科目群は卒業研究を進めるための基礎となる。

環境科学部 環境生態学科の研究テーマ

環境の構造・機能や物質・生物を解明し,環境問題を解決に導くための研究
種々物質や生物で構成される各環境において、未発見・未解明の事象を明らかにするとともに、環境問題の解決を目指した研究を行なっている。その内容は多岐にわたり、学生・教員がそれぞれに定めた研究テーマを追求している。

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の学べる学問

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の目指せる仕事

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の資格 

環境科学部 環境生態学科の取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

・自然再生士補資格
※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

環境科学部 環境生態学科の受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

環境科学部 環境生態学科の目標とする資格

    • ビオトープ管理士 (二級、計画部門)

    ※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の就職率・卒業後の進路 

環境科学部 環境生態学科の就職率/内定率 95.8 %

( 就職希望者24名、就職者23名 )

環境科学部 環境生態学科の主な就職先/内定先

    アイテック阪急阪神(株)、(株)アウトソーシングテクノロジー、(株)あきんどスシロー、(株)アルモニコス、(株)ウテナ、(株)エリッツ、JAレーク大津、(株)瑞光、(株)ソフトウェア・サービス、高橋金属(株)、(株)たねや(2名)、中電興業(株)、(株)長大、トヨタカローラ滋賀(株)、(株)西日本技術コンサルタント(2名)、日本技術サービス(株)、(株)フォーミュレーションITS、(株)モンベル、山崎製パン(株)、(株)ヨドバシカメラ、和歌山県


※ 2019年3月卒業生実績

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の入試・出願

入試一覧
合格難易度

滋賀県立大学 環境科学部 環境生態学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
TEL/0749-28-8217
E-MAIL/nyushi@office.usp.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県彦根市八坂町2500 JR琵琶湖線「南彦根」駅西口からバスで約15分

地図

 

路線案内


滋賀県立大学(公立大学/滋賀)