• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 滋賀県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人間文化学部
  • 地域文化学科

公立大学/滋賀

シガケンリツダイガク

地域文化学科

定員数:
60人

地域社会の歴史と文化を学ぶと同時に、フィールドワークを通じて「地域」を考え、未来の地域社会を拓く力を養う

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    高校の教科としてもおなじみの地理学。気候や地形のほか、動植物の分布や水の循環過程などを対象とする「自然地理」と、文化や歴史、民族、経済などを対象とする「人文地理」、地域それぞれの地理的要素を深く掘り下げていく「地誌」の3分野があります。カバーする範囲が広く、幅広い興味にこたえる学問です。地理学の醍醐味はなんといってもフィールドワークです。現地に住み込んで、その土地の自然や人の生活を体験しなければ、その関係性は見えてこないからです。海外をフィールドにする場合、時間や言葉など制約はありますが、とにかく行ってみることに重きをおくところから地理学の学習が始まるのです。

  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 考古学

    遺跡や遺物を通じて、人の過去を探る

    中学や高校の社会の授業で、旧石器時代の人々の暮らしぶりを学習したと思いますが、文字のない時代のことですから、書物などの資料はいっさいありません。そこで遺跡やかつての集落だったと思われる土地を掘り起こし、当時の生活ぶりを物語る品々を発掘調査します。こうした学問を考古学といいます。考古学を学べる学科では、歴史や国内外の地域史を学びながら、実習を通して発掘調査の技術を身につけるというのが一般的です。卒業後は、発掘調査の仕事に就く先輩もいます。また学芸員として文化財の保護・活用に携わるという選択肢もあります。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2018年度納入金 81万7800円~101万8800円 

学科の特長

学ぶ内容

古代から現代まで、滋賀県から中国・朝鮮まで。幅広い学びのフィールドに向かい合って深く学ぶ
琵琶湖地域を核とした日本を中心に、密接な交流の歴史をもつ中国・朝鮮も視野におき、これらの社会に関わる過去と現在の諸問題を学ぶ本学科。ゼミ形式の少人数教育と、人と文化を求めて地域に飛び出すフィールドワークを通じて、歴史学、考古学、民俗学などの幅広い視点と手法を習得。「地域」のこれからを考察・研究する。

カリキュラム

1年次から環琵琶湖文化論実習などの実践的な学びを重視。調査・研究を通じて専門性を高める
1年次、2年次には、基礎科目やフィールドワークを通じて様々な研究対象に切り込み、分析し、表現するための学問的方法を習得。3年次からは少人数のゼミに所属し、各教員の指導のもと、自分の研究テーマを掘り下げ、調査研究を行いながら卒業論文制作に取り組む。また、古文書、中国語、朝鮮語の文献読解力も身につける。

授業

古代文化からコンピュータまで幅広く学ぶ「歴史的地域論」「考古学」「文化財情報論」
地域社会の基礎となる家や村・町の成立背景と役割について考察する「歴史的地域論」。遺跡や遺物を通じて歴史を分析し、文化交流や生活の発展過程を検証する「考古学」。「文化財情報論」の授業では、文化財の現場で一般的となったコンピュータによる3次元モデル・アニメーションの作成・活用について演習も加えて学ぶ。
日本だけでなくアジアの国々まで視野を広げて学ぶ「民俗学」「日本社会論」「中国地域文化論」
普通の人々の普通の暮らしに学ぶ「民俗学」は、様々な祭りや伝承が残る近江を中心に考察。「日本社会論」の授業では、階層・ジェンダー・エスニシティの面で差別を受け、排除された人々の視点を通じて近現代の日本社会を分析。「中国地域文化論」では、中国文化の基礎となる世界観を知り、文化をめぐる問題について学ぶ。

研究テーマ

現代社会系の研究テーマ「近現代日本における地域社会を多面的に考える」
社会学分野と地理学分野からアプローチ。社会学分野ではインタビュー調査などのフィールドワークを通じ、祭や芸能といった文化や観光、まちづくり等の観点から地域社会の様相を研究。地理学分野では、人口動態、各種産業等の様々なデータをコンピュータで地図化。地理的な特徴や背後にある要因について研究を進める。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会調査士 、
  • 社会福祉主事任用資格

※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98 %

( 就職希望者49名、就職者48名 )

主な就職先/内定先

    (株)大阪教育研究所 、 (株)カインズ 、 (生協)コープしが 、 (独)国立病院機構 、 JAグリーン近江 、 (株)積和不動産関西 、 象印マホービン(株) 、 (株)読売連合広告社 、 近江八幡市 、 金沢国税局 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
TEL/0749-28-8217
E-MAIL/nyushi@office.usp.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県彦根市八坂町2500 JR琵琶湖線「南彦根」駅西口からバスで約15分

地図

 

路線案内


滋賀県立大学(公立大学/滋賀)