• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 都留文科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部
  • 環境・コミュニティ創造専攻

公立大学/山梨

ツルブンカダイガク

環境・コミュニティ創造専攻

募集人数:
60人

「環境」、「地域」の創造に向けて、問題を察知する感性、分析する能力、社会と関わる力を磨く

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    風土や産業、交通、人と文化との関わりなどをテーマに、対象とする地域の特質や構造を解明する。産業や文化を創り出し、人の生活を豊かにすることに貢献する学問。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

  • インタープリター

    自然公園施設やエコツアー、教育現場などで自然に触れ合う直接体験プログラムを行い自然環境教育を行う。

    インタープリターとは、もともとアメリカ国立公園局が行っている自然を理解し感じるための「インタープリテーション手法」を、日本の自然公園拠点などでの実践経験から日本の環境に合うようにして、自然環境への理解を深めてもらう人のこと。自然公園などのビジターセンターで情報提供やガイドをしたり、エコツアーなどの企画やネイチャーガイドをしたり、学校での総合的な学習の時間に、自然環境を体験する学習プログラムを提供したりする。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

初年度納入金:2017年度納入金 66万1800円~80万2800円  (市内出身者/入学金14万1000円+授業料52万800円 市外出身者/入学金28万2000円+授業料52万800円)

学科の特長

カリキュラム

教室をフィールドに広げ、理論と実践の両面で着実な力を養います
山、里、町からなる都留市という個性的な環境を活かし、市や地域の人々との交流、協働を通して、理論と実践を行き来しながら学べるのが特長です。現場と理論の往復、現場での実践的な学びが出来るよう工夫されたカリキュラムを通して、環境や地域の問題を察知する感性、分析する力、協働して問題を解決する力を養います。

授業

現代社会を捉える広い視野のもと、環境創造、地域再生に関わる多彩な科目群が用意されています
現代社会の動向を捉える科目、環境、地域の現場を知る科目、現場での学びを理論と結びつける科目、さらに、地域での実践力を養う科目群が用意されています。現代社会のあり方への理解を広げ、環境、地域に関する専門的な領域での学びを深め、課題解決への実践力を養い、学んだ成果を卒論としてまとめます。

先生

社会学から地域環境計画まで、地域づくりを多様な視点から捉える専任教員のスタッフがいます
本専攻は、環境社会学、環境教育、地域環境計画、地域社会論、地域経済論、都市環境設計論、農山村再生論という多様な領域から、持続可能な社会の実現という共通課題に向けて取り組んでいます。教員には地域の環境再生や活性化の調査研究にとどまらず、市民、学生とともに地域で活動している者も多くいます。

実習

フィールドでの多様な実習科目やワークショップ演習、インターンシップなどで実践力を高めます
環境教育、環境再生、自然環境調査などの野外実習、まちづくりの現場で学ぶフィールドワーク、まちづくりから教育現場・商品開発まで多様な主体の参加が必要とされる場面で用いられるワークショップ、さらには環境・地域づくりの現場で経験を積むインターンシップなど、実践的な学びの場が用意されています。

卒業後

公務員、企業、そして市民セクターなど地域づくりにかかわる様々な職場への就職を目指します
これまで社会学科は、公務員、教員、出版・マスコミ、地域金融機関、協同組合、社会福祉・社会教育、環境教育施設など、広い意味での公共的な仕事に関わる人材を多数送り出してきました。本専攻はフィールドインターンシップを必修化するなど、キャリア形成を意識したカリキュラムを採用しています。

教育目標

[環境][地域]の創造に向けて、問題を察知する感性、分析する能力、社会と関わる力を磨きます
私たちは、持続可能な社会への転換に求められる構想力と生活の場である地域から社会のあり方を変えていく実践力をあわせもった人材の育成を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 小学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【国語】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【英語】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 社会調査士 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

環境再生医(初級) ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.5 %

( 就職者数:55名 )

主な就職先/内定先

    小・中・高等学校教員 、 八王子市役所 、 警視庁 、 (株)常陽銀行 、 東日本旅客鉄道(株) 、 富士急行(株) 、 (株)エイチ・アイ・エス 、 (株)ツルハ 、 (株)ワールドレジデンシャル 、 東京ガス山梨(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

【主な進学先】京都大学大学院 教育学研究科

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒402-8555 山梨県都留市田原3-8-1
TEL/0554-43-4341

所在地 アクセス 地図・路線案内
山梨県都留市田原3-8-1 「都留文科大学前」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

都留文科大学(公立大学/山梨)