• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 麗澤大学
  • 好奇心の授業一覧
  • 留学先で不安な私をサポートしてくれたのは、現地の学生だった

好奇心の授業

世界の国&ことば
留学先で不安な私をサポートしてくれたのは、現地の学生だった
テーマphoto
お互いが向上し合える素晴らしい制度です
留学生と共に学ぶ「カンバセーションパートナーシップ」
生まれ育った日本を離れ、憧れだった海外留学へ飛び立つ。でもいざ現地で生活をしてみると、自分の言葉が通じなかったり、その国の習慣や常識に馴染めず、ホームシックにかかってしまうことも。これは日本人だけに限らず、日本を訪れている留学生たちも同じこと。麗澤大学では、そんな留学生たちの不安を解消し、生活のサポートをするべく「カンバセーションパートナーシップ」を2018年に立ちあげました。

その活動に参加している広山さんは、「きっかけは、私自身のドイツ留学経験でした。ドイツに興味があるからこそ留学していたものの、やはりその国の習慣や常識に慣れることは大変。そんなときに、手を差し伸べてくれた現地の人々のやさしさは忘れることができません。だからこそ、今度は日本に来てくれる留学生をサポートしたいと思ったんです」と語ります。
日本国内にいながら国際感覚を養える場として機能
「カンバセーションパートナーシップ」は、単に留学生のサポートをするだけではありません。ペアというよりバディという関係性が近く、ともに学び、一緒に過ごすことで一生の友達になることができるのです。

留学生はどうしても、英語や母国語を話す留学生同士で集まってしまいがちですが、麗澤大学では、この「カンバセーションパートナーシップ」によって、日本人学生と留学生が互いに友達になれるチャンスが広がっています。留学生のユリア・クンツェさんが「彼女たちから、日本語や日本の文化、生活を学ぶだけでなく、私たちもドイツ語や英語を教えることで、お互いを高めあうことができるんです。広山さんとは、これからも一生の友達としておつきあいしたいと思っています」と語ってくれるほど。この活動からすばらしい交流が広がっています。
これって実は・・・コミュニケーション学
学べるのは、ココ!
麗澤大学 外国語学部 外国語学科ドイツ語・ヨーロッパ専攻
photo
2018年から麗澤大学でスタートしているのが「カンバセーションパートナーシップ」。これは、留学生と学生がペアもしくは3人一組となり、留学生のサポートを行う取り組みで、留学生が多い同大学ならではの活動だといえるでしょう。現在41名の学生と、留学生33名が参加しています。もともとは、留学生に対して、日本語の練習や日常生活への支援を行うことを目的としていましたが、実際には学生にとっても異文化交流を体感できる貴重な機会となっています。リーダーを務める学生たちによる、ピクニック、BBQ、観光などの企画も活発に行われており、大学も学生たちの活動をバックアップしています。

麗澤大学(私立大学/千葉)