• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 茨城
  • つくば国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 別府 真弥さん(医療保健学部 理学療法学科/理学療法士)

私立大学/茨城

ツクバコクサイダイガク

将来は小児領域の理学療法士として働きたいです

先輩の仕事紹介

患者さんの背景や問題点としっかり向き合って、ご希望を叶えるお手伝いがしたい

理学療法士
医療保健学部 理学療法学科/2015年3月卒
別府 真弥さん

この仕事の魅力・やりがい

筑波記念病院に勤務して3年目。いろいろな患者さんを担当してきましたが、病名だけで判断するのではなく、患者さん自身を見ることを常に心がけています。生活環境など患者さんの背景やこれから叶えたいご希望について、カウンセリングでご本人やご家族からお話を伺ったり、リハビリ中にコミュニケーションを重ねます。以前担当したがん治療中の患者さんは、長い治療にくじけずリハビリへのモチベーションを保つことと、お子さんと一緒に遊ぶために体力を維持することを目標にリハビリを計画・実践しました。「病気になって弱るどころかかえって強くなったよ」と言われたときには、患者さんの望む結果に導けたことが本当に嬉しかったです。

学校で学んだこと・学生時代

実習時間が多く、学内・学外ともに実習のサポートが手厚いのが魅力でこの大学を選びました。初めての臨床実習では、例えば心臓病の患者さんで腰痛もあるといったように、複数の疾患を持つ患者さんへの対応に戸惑いを覚えましたが、実習先の先生が丁寧に考え方の道順を示して助けてくださいました。また、友だちとそれぞれの実習先について情報交換ができたことも非常にためになりました。実習に限らず、友だち同士いつも励ましあい助けあって頑張ったことが学生時代の一番の思い出。分からないところを教えあって、それでも分からないときは先生のところに質問に行くと、いつでも親身に教えていただけたことも本当にありがたかったです。

患者さんとの会話から学ぶことも多いです

これからかなえたい夢・目標

この病院では数か月ごとに担当領域が変わるので、さまざまな患者さんと関わって、たくさんの経験を積むことができます。新しい領域の患者さんを担当する際には、新たな勉強が欠かせません。これから専門的に取り組みたいと思っているのが、大学時代の授業がきっかけで興味を持った小児領域。すでに成長が止まった成人に対して、小児はこれからの成長を考慮したリハビリが求められます。先日院内で小児リハビリを見学したのですが、小児を「立つ」「座る」といった動作に誘導するには、会話だけでなくコミュニケーションに工夫が必要だと感じました。成人とは違うリハビリの難しさや面白さをやりがいに、スキルアップを目指します。

大学で様々な機器の操作に慣れることができました

別府 真弥さん

筑波記念病院 リハビリテーション部勤務/医療保健学部 理学療法学科/2015年3月卒/中学の頃、テレビドラマで見た理学療法士に憧れて、この道を志すことに。大学時代について「少人数制で友だちや先生との距離が近く、本当に仲が良かったです。国家試験に向けて一丸となって切磋琢磨しあい、先生もそれを応援してくださる環境でした。リハビリ室には設備が充実していて、いろいろな種類の機器の操作に慣れたおかげで、どの病院に行っても自信を持って対応できました」と振り返る。職場では、患者さんとの会話が楽しみという別府さん。「いろいろなお話を聞かせていただくことで視野が広がります。人生の先輩から学ぶことは多いです!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

つくば国際大学(私立大学/茨城)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路