• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • つくば国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 根本 成さん(医療保健学部 看護学科/看護師)

私立大学/茨城

ツクバコクサイダイガク

看護師として、患者さんに頼りにされる存在になりたい!

先輩の仕事紹介

患者さんの少しの変化も見逃すことなく、その人ごとに最善の看護を実践していきます!

看護師
医療保健学部 看護学科/2017年3月卒
根本 成さん

この仕事の魅力・やりがい

循環器内科と心臓外科病棟を担当しています。心臓手術などの大きな手術を控えている患者さんは、やはり大きな不安を抱えていらっしゃいますし、術後の痛みに苦しまれる方も多く、それぞれの患者さんに合せた看護を実践していくことが求められます。看護師は、患者さんの不安や悩み、苦しみを一番身近に知り、患者さんを支える存在なので、一人ひとりに可能な限りの時間と労力で寄り添わなければなりません。夜に眠れないという患者さんの傍で、一緒に起きてお話を聞くということも何度も経験しました。患者さんがなにを考え、なにを求めているのか、それらを常に観察し、見極めながら、患者さんごとに合せた最善の看護を日々実践しています。

学校で学んだこと・学生時代

がん患者支援チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ」に看護サークルのメンバーとして参加したことは、今も思い出に残っています。がんを抱えながら生きていらっしゃる方からお話を聞き、前向きに生きる姿を目にしたことは衝撃的でした。健康であるはずの自分が、やるべきことを怠けたりするのは、彼らに対して失礼だと強く感じたんです。それからは何事にも精一杯に取り組むことを心がけるようにし、一瞬一瞬の人との関わりをかけがえのないものとして、大切にすることができるようになりました。全力で治療に挑む患者さんを全力で支えるという、私の看護実践の核となる部分も、このイベントでの経験によって得られました。

器具のチェックも入念に行います

これからかなえたい夢・目標

私が看護師として心がけているのは、“仕事に慣れない”ようにするということです。仕事に慣れるということは、業務の効率化につながりますが、油断にもつながってしまうと思うからです。流れ作業のように患者さんと接すれば、それは必ず患者さんにも伝わってしまいます。ですから憶測や推測で動かず、一瞬一瞬の気づきを大切にした看護をこれからも変わらず実践していきたいです。“瞬間の看護”、これは大学の先生からいただいた言葉で、私が今も大切にしているものですが、患者さんと関わる時間は全てが看護実践の場であるということです。その瞬間ごとにいかに患者さんを支えられるかを考え、これからも最善を尽くします!

一つひとつの情報をインプットし、看護に臨みます

根本 成さん

筑波メディカルセンター病院勤務/医療保健学部 看護学科/2017年3月卒/小学生のころに身内の方が亡くなったことが、根本さんが医療の道に進むきっかけとなった。「自分はなにもしてあげられなかったという思いが強く残ったんです。人がつらいとき、苦しいとき、なにかひとつでもその人を救えるような存在になりたい、そんな思いが看護師になることを決意させました」と根本さん。つくば国際大学では、看護師としての根本的な考え方や、相手を思いやる気持ちまでも学び、それが現在の根本さんの支えになっているという。「大学時代に培ったものを今後さらに発展させ、より患者さんを支えることのできる看護師になります」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

つくば国際大学(私立大学/茨城)