• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 芦屋大学
  • 先生・教授一覧
  • 笠原 清次教授(初等教育)

私立大学/兵庫

アシヤダイガク

こんな先生・教授から学べます

「揺るぎない信念」を持った若手教員育成に情熱を注ぐ先生

初等教育
臨床教育学部 児童教育学科
笠原 清次教授
先生の取組み内容

研究テーマは「揺るぎない信念を持った若手教員の育成」。小学校で管理職に就いた当時、教師としての明確な使命を持たずに教鞭をとる若手教員が目立っていました。「教師として何がしたいのか」を感じられる人とそうでない人は、どこで差がつくのか。大学時代に机上で知識を学び、良い成績を収めることも大事だが、もっと必要なことがあると感じました。それは、「現場で先生や子どもたちと過ごす豊かな経験」です。学生が本当に教職を一生の仕事にしていけるのか、その見極めを大学時代にすることが重要だと考えました。そこで、3年次の教育実習前にその機会を与えるために、2年次に「学校インターンシップ」を想起。現在、芦屋大学では多くの学生が、小学校での職業体験をとおして教職に進むかを早期に決意し、信念を持って採用試験に臨んでいます。

「先生になる!」と決めたら、その目標に向けて仲間と共に一生懸命勉強することを大事にしてください

授業・ゼミの雰囲気

教員をめざす学生一人ひとりを丁寧にサポート。少人数制クラスの教員採用試験対策講座で夢を叶える

教員をめざす学生のための「教員採用試験対策講座」では、3年生を対象にした受験ガイダンスを企画し、受験までの見通しを持たせるとともに受験勉強の進め方を教えている。先生の講座では、自治体ごとの過去問や教育指針等から出題傾向をつかみ、予想問題を作成するなど、週一回の講座に参加した受講生が“得した”実感が持てるよう準備し指導を行う。「小規模大学の良さを生かし、一人ひとりの特性に応じた細やかな指導とサポートを行っています」と先生。教員採用試験対策に取り組んで3年目の今年、合格者を大きく増やすことができた。

長年にわたる小学校教職経験者の実績から、芦屋大学の教員採用試験担当として招聘された笠原先生

キミへのメッセージ

数多くの現場経験から、教職を一生の仕事にできるかどうかを判断してほしい

芦屋大学では1年から小学校へボランティアに行ったり、2年の授業「学校インターンシップ」を経験する学生が多くいます。学校で子どもたち、先生方と共に過ごす経験をしてから教職に進むかを決めることができますよ。

学生時代は山歩き、ロッククライミングに親しみ、"山男"を自負していた笠原先生

笠原 清次教授

専門:初等教育
略歴:川西市、芦屋市で小学校教諭として勤務したのち、芦屋市・兵庫県教育委員会の小学校担当を10年間務める。「現場が今何を必要なのか」を考え、多岐に亘る新規事業のプロジェクトを展開。阪神・淡路大震災の際には、被災した子どもたちへの教科書給与に尽力した経験を持つ。その後、芦屋市の小学校教頭、校長を歴任。2016年に芦屋大学に招聘され、臨床教育学部教育学科准教授を経て、教授に着任。現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

芦屋大学(私立大学/兵庫)