• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 下島 亜美さん(保健学部 健康福祉学科/養護教諭)

私立大学/東京

キョウリンダイガク

「休まずに頑張ってるよ」という生徒の声が励みです

先輩の仕事紹介

生徒の一人ひとりと向き合い、悩みや問題を解決できるよう支援しています。

養護教諭
保健学部 健康福祉学科/2016年3月卒
下島 亜美さん

この仕事の魅力・やりがい

養護教諭は、皆さんも学校でお世話になっている「保健室の先生」です。体調の不具合やケガの救急処置、健康診断などが主な仕事ですが、近年は生徒のさまざまな相談に応える役割も大きいと感じています。友だちのいる教室とは違って、保健室では「素の自分」を出しやすいこともあり、人間関係や家族や進路などに関わる悩みや問題を抱えた生徒が、毎日数多く来室します。生徒一人ひとりと向き合い、じっくり話を聞きながら、2年3年と時間をかけて解決を支援していくなかで、自分で答えを見つけて自立できたり、目標を立ててきちんと行動できるようになったり、少しずつ成長していく姿を見られるのが、私にはいちばんのやりがいです。

学校で学んだこと・学生時代

杏林大学の健康福祉学科は少人数クラスで、その多くが養護教諭を目指しているので、目標の同じ仲間と集中して学ぶことができました。先生方も養護教諭出身者が多く、自身の経験に基づきながら、実際の現場について分かりやすく教えてくれました。カリキュラムも1・2年次に医学、保健学、養護学、教育学などの基礎や、現職の先輩を招いて実体験を聞く講座などを幅広く学び、3・4年次には保健室で対応する可能性のあるケーススタディ、3週間の養護実習などを学びます。実践的な授業へと進んでいくので、着実に理解を深めていけました。何よりも卒業後、自分が養護教諭として働く姿を、リアリティをもってイメージできたのが良かったです。

救急措置では、冷静に緊急性を判断することが大事です

分野選びの視点・アドバイス

養護教諭の仕事は、パソコンで健康診断のデータを集計・分析したり、担任や教科担当の教員、スクールカウンセラーに保健室だからこそ得られる生徒の情報を伝えたりと、皆さんが想像しているよりずっと多岐にわたります。私は大学生の時、現場の実際を肌で知りたいと思って、地元の学校の保健室をお手伝いするボランティアをしました。何らかの形で現場を体験すると、情報や知識だけでは感じ取れない発見があります。学校の保健室の先生に話を聞きにいくのも良いと思います。高校生が身近で接することのできる仕事だからこそ、自分から積極的にアプローチしてみることをおすすめします。どんな仕事に就くうえでも役に立つ「聞く力」も養われます。

専門的な知識をさらに深めていくべく勉強しています

下島 亜美さん

神奈川県立津久井高等学校/保健学部 健康福祉学科/2016年3月卒/両親とも教員をしている影響から、「学校で働きたい」と希望して進路を決めた下島さん。同時に多数の生徒に授業をするより、生徒と一対一でじっくり向き合うほうが自分には合っていると思って、養護教諭を目指そうと意志を固めたと言います。この春には、新入生の時から関わってきた生徒たちが卒業を迎え、高校の3年間を通して生徒をサポートするというひと通りの流れを経験。「1年目と比べて見違えるように成長した姿を目の当たりできて感動しました」と、嬉しそうに話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
杏林大学(私立大学/東京)