• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊比 裕二郎さん(保健学部 作業療法学科/作業療法士)

私立大学/東京

キョウリンダイガク

入職して5年目ですが、まだまだ学ぶことが多いです。

先輩の仕事紹介

患者さんの姿に日々刺激を受け、勇気や感動ももらえるとてもやりがいの大きい仕事です

作業療法士
保健学部 作業療法学科/2015年3月卒
伊比 裕二郎さん

この仕事の魅力・やりがい

作業療法士はケガや障害を抱えた方が自宅や地域で再び活躍できるように手助けをする仕事です。日々色々な刺激を受け、感動できる仕事だと思います。日々患者さんの様子や体調は変化します。その中で臨機応変に対応できるスキルを磨くことは、自分自身の人生のスキルアップにも繋がっていると感じています。患者さんが無事退院されるのを見届け、退院後は好きなことややりたいことに向かって懸命に取り組んでいらっしゃる姿をそばで支えていくことで、私自身も勇気をもらっています。患者さんが笑顔で退院し、再び生活を取り戻されることが一番の喜びであり、仕事を通じて自分自身も成長できます。それがこの仕事の魅力ではないでしょうか。

学校で学んだこと・学生時代

人と関わる仕事がしたいと漠然と考えていました。人と接する仕事は多いですが、中でも人の人生に関わるこの仕事は、とても責任が重いと感じています。しかしながら、やりがいや感動を得ることも多いのではないかとこの分野に進む決意をしました。杏林大学に入学し、授業や実習を通して作業療法士の仕事への理解を深め、さらなる魅力を感じるようになりました。先生方の実際の経験談や、学生時代に実習で関わらせていただいた患者さんなどは、未だに忘れることができません。また、学生時代の仲間や先生方は今も交流があります。仲間たちとは同じ仕事をしているので、仕事上の悩みなども分かり合えますし、お互いに切磋琢磨できる関係です。

患者さんの様子をよく見て、丁寧に対応しています。

これからかなえたい夢・目標

患者さんは生活歴や病気、ケガの状態などはそれぞれに違います。一人として同じ人はいません。そのため、これからも色々な人と関わりを持ち、勉強をしていくことで、その人らしさを見つけ出し、患者さんが持つ「誇り」を大事にできるようになりたいと思っています。また、訓練をしていく中で患者さんから教えていただくこともとても多いです。患者さんの生活歴や職業も様々です。人の身体や生活を対象にした仕事になるため、他では得難い貴重な体験をしているとも感じています。常に思いやりを持ち、辛い時でも笑い合いながら、患者さんが笑顔で退院されていくのを影ながら支えていける作業療法士をこれからも目指していきたいと思っています。

1日の終わりには、同僚と情報交換を密にしています。

伊比 裕二郎さん

医療法人社団幸隆会 多摩丘陵病院 リハビリテーション技術部/保健学部 作業療法学科/2015年3月卒/「人と関わる仕事がしたい」という夢を実現した伊比さん。患者さんだけでなく、医者や看護師といった医療職をはじめたくさんの人と一緒に仕事をするので人脈が広がっていくことも、作業療法士の仕事の面白さの一つだと教えてくれました。杏林大学時代は、とてもアットホームな環境で、親身になって話を聞いてくれる先生、信頼できる仲間にも恵まれたと言います。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

杏林大学(私立大学/東京)