• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 青木 菖吾さん(外国語学部 観光交流文化学科/航空会社の旅客サービス業務)

お客様の楽しそうな笑顔がやりがいになっています!

先輩の仕事紹介

東京の空の玄関・羽田空港で、ANAのお客様のための地上サービスに打ち込んでいます

航空会社の旅客サービス業務
外国語学部 観光交流文化学科/2017年3月卒
青木 菖吾さん

この仕事の魅力・やりがい

羽田空港でANAの国内線を利用されるお客様に向けて、チェックインや搭乗の受付、保安検査場や搭乗口へのご案内、乗り継ぎのお手伝いなど、さまざまな地上サービス業務に携わっています。毎日、大勢のお客様と接するなかで、「行ってきます、ありがとう」とお声をかけていただけたり、笑顔でお帰りになられる姿を目にすると、「自分の仕事がお客様の喜びに直結している」と実感できて嬉しくなります。さらに3年目の現在は、ひとつの便の搭乗口の責任者を務める時もあり、すべてのお客様の搭乗が完了し、飛行機のドアを閉めてお見送りするところまで、メンバーを率いて業務を進めています。早くから重要な仕事を任されるのも大きな魅力ですね。

学校で学んだこと・学生時代

私はもともと、訪日される世界各国の方がたとコミュニケーションを深めて、日本の文化を発信できたらと思っていたので、語学の勉強に力を入れました。杏林大学には、ネイティブの先生や留学生と英語だけで会話するサロンがあるので、日本に居ながらにしてネイティブの発音や異文化を習得することができました。空港では外国人のお客様と接する機会も増えていますし、第二外国語で中国語を学んだので、これからも英語力と中国語力の向上に努めて、仕事に役立てていきたいと目指しています。また、航空会社出身の先生のゼミで航空業界の実際を具体的に知り、友だちと何度も海外に旅行して異文化に肌で触れたのも、いい経験になりました。

飛行機の間近で仕事ができるって、楽しいですよ。

分野選びの視点・アドバイス

皆さんのなかにも将来、航空業界への就職を希望している人がいると思います。でも、あこがれだけで選んでしまうと、現実の仕事との間にギャップを感じるケースが少なくありません。私の航空旅客サービス業務でも、早朝5時からや夜遅くまで勤務するシフトがあったり、搭乗案内業務で空港内を1日に10kmも動き回る日があります。私のように航空業界に詳しい先生のゼミに入るとか、インターンシップに参加するとか、できるかぎり業界の実際を理解することが大事だと思います。休日などに近くの空港を訪ねて、いろいろなスタッフが活動している姿を見たり、飛行機に乗る機会があればフライトまでの流れを自分で体感してみるのもいいと思います。

今日は搭乗口で、お客様を機内へスムーズにご案内!

青木 菖吾さん

ANAエアポートサービス株式会社 旅客サービス部旅客サービス課/外国語学部 観光交流文化学科/2017年3月卒/高校時代、世界的なスポーツイベントなどで訪日する外国人が多いと聞いて、観光に関わる仕事に興味を持ったのが、航空業界に進むきっかけになった青木さん。大学では専門の勉強と合わせて、2年生から卒業までの3年間、大手のアパレルショップでアルバイト。「何かでお困りになっているお客様に、こちらからお声がけをするといった接客の基本を体得できたのが、現在の航空旅客サービスの仕事にも生きています」と話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
杏林大学(私立大学/東京)