• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 時田 祥子さん(総合政策学部 総合政策学科/企画・管理)

東京本店の前庭にあるオブジェは鋸がモチーフです!

先輩の仕事紹介

建物を通じて、学生時代からの夢である「まちづくり」に携わっていきたいです

企画・管理
総合政策学部 総合政策学科 法律・行政コース/2017年3月卒
時田 祥子さん

この仕事の魅力・やりがい

各部門と連携を図りながら大きな建築物である「作品」を創り上げることに魅力を感じています。現在は設計業務でのお客様との契約締結に向け、見積書や契約書の作成、請求書発行対応や入金管理などを担当しています。営業や設計担当とチームで一丸となり、無事に建物が竣工したときは大きな達成感を得られます。工事現場に出向くことはありませんが、少しでも自分が関わった建物には愛着もわきますね。また、日々の業務で直にお客様に接することはありませんが、常に仕事の先にはお客様がいることを意識し、可能な限りご要望に応えることを重視しています。納得のいく対応ができたときは、営業や設計担当者をサポートできた喜びも感じられます。

学校で学んだこと・学生時代

木暮先生のゼミに所属し、多岐にわたり様々なことを学ばせていただきました。なかでもプレゼンテーションの訓練を通じ、多くのことを吸収できたと思います。それまで人前で話すことは苦手で、はじめて話をする方とフランクに会話ができませんでしたが、少しずつ努力を重ねていきました。3年のときに外部の大きなプレゼン大会に参加したのですが、その経験を通じて自信もつけられ、チームで何かを成し遂げる面白さも学びました。プレゼン力は就職活動でも役立ちましたし、入社後の研修プログラムでも生かすことができました。コミュニケーションがとても大事な仕事ですので、そのスキルを大学時代に身につけられたことに感謝しています。

話しやすい雰囲気を作るよう心がけています

分野選びの視点・アドバイス

分野選びに悩んだときは、自分自身の経験や身の回りにあるコト・モノを「分解」してみてはいかがでしょうか?私はゼミを通して「まちづくり」に興味を持ったことが出発点になりました。「まちづくり」を多角的な視点で捉えて、“人のコミュニケーション・地域イベント・行政や経済”といったキーワードを列挙してみました。私は特にインテリアや空間デザイン、ディスプレイなどに興味があったので、最終的に建設の分野から「まちづくり」をしてみたいと業界を絞っていきました。たとえばテレビドラマを観ていても、このドラマは誰が作っているのだろう、登場する職業はどんな仕事なのだろうとイメージを膨らませていくことができると思います。

経験を積み、安心感を与えられる存在になりたいです

時田 祥子さん

株式会社竹中工務店/総合政策学部 総合政策学科 法律・行政コース/2017年3月卒/杏林大学時代は、アットホームな関係でのびのびと学ぶことができたという時田さん。先生と学生の距離が近く、フランクに何でも相談できる関係で、今でも当時お世話になった先生方と話をする機会を作っているそうです。また、最初から専門を絞るのではなく、経済、社会福祉、経営、経理など幅広い分野をまずは学びながら、気になった分野に絞り込んでいけたことも、その後の就職活動に役立ったと言います。今後は、資格取得を目指し、建設業のしくみをさらに深く学びながら社会人としてさらにステップアップしたいと抱負を語ってくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
杏林大学(私立大学/東京)