• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大原 健楽さん(外国語学部 中国語学科/営業)

人との繋がりや団欒の大切さを伝える仕事でもあります

先輩の仕事紹介

将来は海外支社への転勤が目標。世界中で仕事をしてより多くの人を幸せにしたいです!

営業
外国語学部 中国語学科/2020年3月卒業
大原 健楽さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

とにかく楽しいです!営業職ですが「ビールを作って売るだけ」ではなく、商品を取り扱って頂いている飲食店様やスーパー様を盛り立てていけるよう、日々知識と想像力をフル活用しています。お得意様先に通い、お困りのことはないか、お役に立てることはないかを伺いながら考え、ご提案します。一緒にメニューを考えたり、販促のためのポスターを自作してお届けすることもあります。そのようにしてお得意様と一緒に店づくりをした結果、一人でも多くの消費者の方に「あのお店に行きたい!そこで飲食を楽しみたい」と思っていただけたらすごく嬉しいです。商品を通じ、エンターテナーとして楽しい場づくりに貢献できるような仕事だと感じています。

学校で学んだこと・学生時代

杏林大学では中国語を学んでいました。スピーチコンテストの全日本大会に出場したり、日中学生交流団体のリーダーとして日本人100人と訪中、通訳として現地の良さを伝える活動もしました。1年間中国に交換留学も経験し会話力を飛躍的に伸ばすことができました。また、学生広報団の一員として様々なイベントを企画し、杏林大学の魅力を高校生に発信する活動にも携わりました。大学で通訳の勉強をしたときに、相手の真意を読み取る努力をするということを学びました。そうしたスキルが今、とても役立っています。また、中国語が出来ることで営業先の幅も広げることができますし、企画提案には大学の広報団体で培ったノウハウが活かせています。

仕事に誇りをもって働ける会社だと感じています

分野選びの視点・アドバイス

私は「海外で働いてたくさんの人を幸せにする」という夢があります。夢や目標があれば「なんでこんな仕事をしているんだろう」と道を失うこともないと思います。また、会社選びでは一緒に働く人の雰囲気も大事だと感じています。私がアサヒビールに入社を決めたのも「この人たちと一緒に仕事がしたい」と強く感じたからです。とても前向きに、自分の限界を超えようと挑戦をし、日々ワクワク楽しみながら仕事をしている先輩がたくさんいます。そして、「自分らしさとは何か」を把握することも大切です。日ごろから多くの人と関わり、挑戦をすることで「やりがいを感じること」と「自分らしくできること」が合致する分野が見えてくると思います。

学部創立記念の際に自身の様々な経験を紹介しました。

大原 健楽さん

アサヒビール株式会社 近畿広域第二支店/外国語学部 中国語学科/2020年3月卒業/中国に留学中、世界の色々な国の人が楽しく笑って乾杯する光景を見たのがアサヒビールへの入社のきっかけの一つとなったと言う大原さん。「言葉もあまり通じないのにこんな幸せな空間があるのか」と感動し小さい頃から思い描いていた世界平和の景色と感じたそうです。入社後は大学時代に身につけた知識やスキルも活用して信頼関係作りに専念。「何かあったらすぐに声をかけてもらえる」存在になるべく努力を重ねました。その結果大型飲食店と契約を結ぶ事ができたとのこと。持ち前の行動力、コミュニケーション力でキャリアを切り拓いていく姿が輝いている先輩です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
杏林大学(私立大学/東京)
RECRUIT