• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 学習院大学
  • 在校生レポート一覧
  • 松田 彩音さん(国際社会科学部 国際社会科学科)

私立大学/東京

ガクシュウインダイガク

英語で国際政治経済を学ぶ、1年間の台湾留学

右へ
左へ

留学で、使える英語と、国際感覚を身につける

台中関係に興味があったことと、全ての授業が英語で行われることが決め手となり、留学先を決定。1年間台湾に留学し、様々なことを学んで成長することができたという松田さんに、お話をお聞きしました。

英語で社会科学を学ぶ
国際社会科学部 国際社会科学科
(2016年4月入学)
松田 彩音さん
  • 台湾・淡江大学蘭陽キャンパス・全球政治経済学科・1年間(2年次) 留学
  • 千葉県 船橋東高校 卒
使える外国語を身につけるため、毎日使う環境に身を置く

2年次での留学を目標に、1年次に英語力を伸ばし学部援助金にも挑戦

台中関係に興味があり、英語も使いたかったため、淡江大学へ

留学先への出願など、手続の多くは学内の国際センターがサポート

高校生の時イギリスに2週間短期留学しましたが、ほとんど英語が話せないまま帰国。その経験をバネに、使える英語力を身につけたいと考え、英語で行う授業が多い国際社会科学部に進学しました。2年次での留学を希望していたため、1年次の英語科目で英語力を高めながら、成績優秀者が受けられる学部援助金の制度にも挑戦。協定留学に関する手続は学内の国際センターがサポートしてくれたため、スムーズに行なうことができました。

英語と中国語を毎日使い、伝わるまでコミュニケーションし続けた

外国籍の学生委員会のメンバーとして、学校行事にも積極的に参加

友人たちと士林夜市へ。台湾のグルメを皆で食べ歩いた

淡江大学全球政治経済学科は、国際政治経済を全て英語で学びます。比較政治の授業では、日本の政治についてよく質問されました。英語で説明しても伝わりづらい場合は、図を書くなど伝わるまで諦めず説明。興味があった台中関係について調べるために中国語も勉強し、台湾人の友人とは中国語で会話するようにしました。全寮制で留学生も多く多様な国籍の友人ができ、様々な立場からの意見を知ることができました。

英語や中国語を、目的のためのツールとして使うことができるようになりました

英語でのレポート作成やプレゼンテーションにも自信がついた

将来の夢は模索中。英語と中国語を使って、世の中に貢献したい

1年間全寮制で台湾や諸外国の方と共同生活し大学に通ったため、英語はもちろん、中国語も会話やスピーチができるレベル(HSK5級)まで修得することができました。外国語のレベルや政治経済学の知識、友人との関係等、学期末ごとに自分が成長しているのを感じることができたのは、長期留学ならではです。「外国語を学ぶ」だけでなく「外国語をツールとして」興味のある分野を学び研究できるようになり、大きな自信に繋がりました。

先生からのメッセージ 国際感覚の育成と視野の拡大をめざします

国際社会科学部は4週間以上の海外研修を卒業要件としています。松田さんが経験した協定留学プログラム以外にも、学部独自の語学研修やインターンシップ等、豊富なプログラムを用意しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

学習院大学(私立大学/東京)