• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 関東学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 規矩 大義 教授/博士(工学)(土木工学)

私立大学/神奈川

カントウガクインダイガク

こんな先生・教授から学べます

土木を通じて、災害から人や生活を守る先生

土木工学
理工学部 理工学科土木・都市防災コース
規矩 大義 教授/博士(工学)
先生の取組み内容

地盤防災工学を専門に、地盤の液状化現象を研究しています。ただ危険だと伝えるのではなく、被害を抑えるための対策を明らかにしていきます。液状化を防ぐためには、地盤を固めれば済むわけではありません。自然環境や費用など、いろいろな社会的要因に配慮しながら研究する必要があります。土木工学は、災害から人間を守るところから始まりました。人々の生活を豊かにして、幸せにするための工学であり、私自身も、社会を守るという部分に惹かれています。土木工学の研究に求められるのは、未来を見据えるだけではなく、「今」を解決すること。そのために、研究者は実務家や行政との連携が欠かせません。土木のほとんどは人と関わる作業。自分の専門以外のことも考えられる広い視野を持ち、人間を好きな人こそ、土木工学で活躍できると思います。

自分の技術を使うことで人々の安全・安心な暮らしが実現できる。それが土木工学の魅力です。

授業・ゼミの雰囲気

「土木技術者としてどうあるべきか」を学生自身が考え続けることを大切にしています。

土木工学のベースには現場があるとの考えのもと、規矩先生の授業では、黒部ダムをはじめ、実際に“本物”を見に行く機会があります。また、普段の授業で、お金や人の話がよく出てくるのは、どれだけの費用が必要となり、誰と協力すべきかなど、実際にどのようにものを作っていくのかを学ぶためです。先生が大事にしているのは、学生が「土木技術者としてどうあるべきか」を考え続けること。規矩先生をはじめ、土木・都市防災コースの先生方は、経歴も土木への考え方もさまざま。その中から自分が共感できる先生を見つけることが大切です。

ものを作っていく中で、土木工学を専門とする自分が担う役割は?授業ではさまざまなことを考えていきます。

キミへのメッセージ

いろいろな世界にふれ、自分の進路を広げるために大学はあります。

自分の将来を考えている高校生のみなさん、まだ進路を決めつけないでください。大学に入ると世界が広がります。自分が知らない、一生をかけるのに値する仕事に出会えると思って大学に飛び込んでください。

規矩 大義 教授/博士(工学)

専門分野:地盤工学、地盤防災工学
関東学院大学学長 理工学部理工学科土木学系教授/博士(工学)
大手建設会社の研究員を経て、関東学院大学に。
研究員時代には、トルコ・イスタンブール工科大学や国土交通省に派遣勤務。
現在、防災科学技術研究所 大型耐震実験施設運用委員会委員、
鎌倉市 防災・危機管理アドバイザー(液状化・土砂災害)など。
2017年には、関東学院大学において「防災・減災・復興学研究所」発足。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関東学院大学(私立大学/神奈川)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路