• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 関東学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 小山 嚴也 教授/博士(商学)(経営学)

私立大学/神奈川

カントウガクインダイガク

こんな先生・教授から学べます

企業の最前線に立ち、経営の現場に精通した先生

経営学
経営学部 
小山 嚴也 教授/博士(商学)
先生の取組み内容

「CSR(企業の社会的責任)」という言葉を聞いたことはありますか?その取り組みの一つに、不祥事防止があります。データの改ざん、欠陥商品、重大事故が起こると、その原因として利益優先、安全性軽視、倫理観の欠如などの批判が上がります。しかし、実際に企業の現場を訪れ、話を聞いてみると、意外にも当事者は意図的ではなく、問題がないと信じて行動している場合があります。そこには、組織の盲点や個人の錯覚などがあるのです。批判で終わらせず、なぜそう思ってしまったのかを明らかにすることが問題解決につながります。大切なのは、物事を一面的に捉えるのではなく、さまざまな視点を持つこと。そのために現場を知ることは重要です。私自身も研究にとどまらず、企業と共に不祥事防止を目的にしたさまざまな取り組みを行っています。

企業での講演やビジネスに関する会議で発言する機会も多く、さまざまな企業の方々とも話しています。

授業・ゼミの雰囲気

プロジェクトを通して、学生たちは企業の方々とつながり、社会人との付きあい方も学びます。

自治体や地域、企業と連携した学びは関東学院大学の特色です。その代表といえるのが、経営学部の「k-biz」。学生が発案したビジネスプランを、サポーター企業とのコラボレーションで実現していくプロジェクトです。小山ゼミが参加している「K-bizマルシェ」は、三浦半島で採れた地産物を学生自ら仕入れ、京急百貨店で販売します。小山先生が重視するのは学生の自主性。マルシェのテーマ設定も、打ち合わせのための企業への連絡も、すべて学生が行い、学生同士でフォロー。自ら考え、動くからこそ、学ぶことがたくさんあります。

三浦半島の魅力を学生の力で多くの人に紹介したいという思いから始まったプロジェクト。

キミへのメッセージ

現場での経験と本の中の世界をつなげることが大切です。

課題は教科書の中にはありません。社会にあります。しかし、課題を解決するためには、現場を経験するだけではなく、本を読んで理論を学ぶことが必要です。この両方が揃って初めて社会で活きる知識が身につきます。

小山 嚴也 教授/博士(商学)

専門分野: 経営学 「企業と社会」論、企業不祥事の研究。
経営学部長、経営学部教授 /博士(商学)
過去の講演テーマ: 企業不祥事とコンプライアンス、企業不祥事とCSR、企業不祥事を起こさないために。
主要著書: 『CSRのマネジメント』(単著)、『問いからはじめる現代企業』『現代CSR経営要論』『経営学総論』(共著)他多数
サステナブル・ブランド国際会議2019東京に参加。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関東学院大学(私立大学/神奈川)