• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 吉備国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 久村 莉菜さん(保健医療福祉学部 看護学科/保健師)

私立大学/岡山・兵庫

キビコクサイダイガク

相手が何に困っているのかを一番に考え、傾聴します

先輩の仕事紹介

いつかは母のような保健師に。相手の心を元気にする声掛けができるようになりたい

保健師
保健医療福祉学部看護学科/2016年3月卒
久村 莉菜さん

この仕事の魅力・やりがい

保健師として地域の健康支援に取り組んでいます。仕事は大きく分けて「母子分野」と「成人分野」の2つ。母子分野であれば、担当学区の子どもの保護者の方の相談に乗ったり、育児のアドバイス。または子育てをする上での困りごとを聞き、支援を行う関係機関へのつなぎの支援なども行っています。成人分野では、地域の方が運営する健康づくりのための自主活動グループへの支援をしています。“グループへの支援”と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、会長さんの相談に乗ったり、役員会に参加してアドバイスなどを行っています。乳児から高齢者まで、幅広い世代と関わる仕事なので、毎日がとても楽しいですよ。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から、保健師としていきいきと働く母の姿を見て育ちました。常に明るく、仕事をしながらも毎日欠かさずお弁当を作ってくれたりと、一所懸命に私を育ててくれて。本当に大好きな、尊敬する母です。「私も、母のような保健師になりたい」と思ったのが、今の仕事をめざすきっかけとなりました。地元は山口県ですが、保健師になるための学校探しは地元をはじめ福岡、広島、岡山とエリアを広げて検討しました。吉備国際大学は、入学前よりも入学した後の方が印象が強いですね。いつも学生のことを見てくださる先生方の存在をはじめ、さまざまな経験を通して“頑張れば必ず結果につながる”と実感できたことで、大きな自信がついたと思います。

学校で学んだこと・学生時代

高校生の頃は周りが優秀な人ばかりで、自分に自信が持てませんでした。そこで、大学入学をきっかけに一念発起。「ここで一番になるんだ」って思って、上をめざして勉強に励みました。努力を重ねた分だけ成績も上がり、少しずつ自信が持てるように。その頃から、色々なことに積極的に取り組むことができるようになりました。講義などで発表の場があれば自分から手を挙げたり、進んでリーダーを務めました。その経験が自分の糧となって、“なんでもやってみる”ことが大切なんだと実感。「いつも頑張っているね」と声をかけてくれたり、挫けそうな時にそっと寄り添って相談に乗ってくれる先生の存在も大きかったですね。

久村 莉菜さん

倉敷市役所(水島支所)勤務/保健医療福祉学部看護学科/2016年3月卒/在学中、周りは看護師をめざす人が多かったという久村さん。保健師になるには国家試験に加え、公務員試験にも取り組む必要があります。公務員試験が近づくと友達とゆっくり過ごすことができないため、寂しさを感じることも。そんな時、頼りにしたのが保健師の担当教員。親身に相談に乗ってくれる先生には随分救われたそうです。「久村さんはよく頑張っているよ、って認めてくださったことが自信につながりました」。久村さんも、現在は相談を受ける立場。じっくりと傾聴し、対象者の心が元気になるような声掛けや、さりげなく本音を聞き出すスキルを高めるために日々奮闘中です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

吉備国際大学(私立大学/岡山・兵庫)