• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 宮城学院女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 櫻井 美幸 准教授(西洋史研究)

こんな先生・教授から学べます

当たり前を打ち破った女性たちの生き方を追う先生

西洋史研究
学芸学部 人間文化学科
櫻井 美幸 准教授
先生の取組み内容

専門は西洋史研究。中でもドイツ社会を扱い、女性史の研究をしています。女性の生き方や女子教育に興味があり、現在は「イエズス会女」をテーマにしています。イエズス会が女性の分派を認めたのは2000年に入ってから。修道女として認められなかった時代に彼女たちはイエズス会の理念に共感し、積極的に布教活動や教育活動に関わろうとしたのです。19世紀まで「女性は家庭に入り、妻であり、母である」ということが理想とされてきましたが、女性側が「NO」と言い出した。女性蔑視がないところの方が珍しかった時代に規定路線を破ろうとした女性たちが出てきた。そこが非常に面白いと思っています。私はブレイクスルーする女性が好きで、18世紀くらいになると大学に行こうとする女性も出てくるんです。今後は女性の高等教育も展開したいと考えています。

苦手意識を持っている学生が多い西洋の歴史。興味を持ってもらえる授業を心がけています。

授業・ゼミの雰囲気

各自が設定したテーマに向けて本を読む。「批判的」に読むことで卒業論文につなげます

ゼミでは基本的に本を読みます。その際のポイントは「批判的に読む」ということ。書かれている内容を鵜呑みにせず、「本当に正しいのか」という視点を持つことです。学年が上がるにつれて本のレベルを上げていき、最終的には自分の卒業論文に関連する本をそうやって読むようにします。論文のテーマは人それぞれ。様々な国の様々な分野についてまとめています。本学科の1年生は基礎科目で「西洋史概説」を受講します。西洋史に苦手意識がある学生も、この講義をきっかけに興味を持ち、ゼミに来てくれたことがあります。

櫻井先生も発案者の一人として2013年から宮城学院で開催されている「クリスマスマーケット」。

キミへのメッセージ

世界史は面白い! 1冊でも歴史に関する本を読んで

高校時代に世界史Bを選択している学生は多くありません。また、世界史は「嫌い」や「得意ではない」という子が多い。そんな学生たちに世界の歴史の面白さを教えたいです。歴史の本を1冊でも読んでほしいですね。

漫画家を目指していた櫻井先生。現在も「女性の生き方」にスポットを当てている。

櫻井 美幸 准教授

専門:西洋史、ドイツ中・近世史、女性史、宗教改革
神奈川県藤沢市出身。1995年、日本女子大学文学研究科修士課程史学専攻終了。1997年、京都大学文学研究科修士課程歴史文化学専攻西洋史専修終了。2013年より宮城学院女子大学学芸学部人間文化学科准教授。小学生の頃、漫画『ベルサイユのばら』を読み、「ヨーロッパの歴史を取り上げる漫画を描きたい」と思うように。その後、西洋史関連の本を読むようになり研究の道へ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

宮城学院女子大学(私立大学/宮城)