• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 宮城学院女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 志村 文隆 教授(日本語学)

私立大学/宮城

ミヤギガクインジョシダイガク

こんな先生・教授から学べます

「方言」の奥深さを探り、面白さや魅力を伝える先生

日本語学
学芸学部 日本文学科
志村 文隆 教授
先生の取組み内容

岩手県花巻市出身の私にとって、方言は子どもの頃から自然に使ってきた生活の言葉。学生時代にそれが学問の対象となることに驚き、面白いと感じたのが「方言学」に取り組むスタートになりました。現在は、東北、北海道、沖縄の3つの地域で主に自然現象に関する方言語彙、特に風を表す言葉がどのように使われているかを聞き取り調査しています。たとえば、沖縄の沿岸漁業の漁師は、北風を「ニヌファカジ」、西風を「サイヌファカジ」などと言い、「この風が吹くと海が荒れるから港に戻れ」というように、方言が仕事上のシステムの中に入り込んでいます。昔から伝わる方言が大活躍しているのです。最近は方言が話されなくなっていると言われがちですが、一方で新しい方言も生まれ、若い人にも使われている言葉も多いので、研究材料は尽きません。

沖縄・伊良部島では船の真横で地元の漁師さんから聞き取り。地域の中に入り込むことがポイントです。

授業・ゼミの雰囲気

身近にある「言葉」をフィールドワークで調査。変化する言葉を追いかける!

方言は、身の回りにある何気ない話し言葉です。いくらでも面白い材料があり、よく観察して集めれば新しいことが発見できるというのが方言学の楽しさですね。教室では文献もしっかりと読み、その後はフィールドワークに向かいます。以前は、ゼミ生たちも沖縄まで出かけていましたが、今は宮城県内で方言調査をしています。卒論のテーマは様々で、郷里の方言オノマトペを徹底的に聞き出して整理した人や、ツイッターの文章表現を研究した人もいます。言葉はどんどん変化しますので、追いかけて観察することを勧めています。

方言学の基本はフィールドワーク。訪ねた地域の住民は喜んで自分たちの持っている言葉を教えてくれる。

キミへのメッセージ

日本語のプロを目指し、日本語力を養う4年間に

本学科は「日本語検定」最高賞の「文部科学大臣賞」を3年連続受賞。4年間を通し、適切・的確な日本語力が養われます。言葉のバリエーションを広げて、日本語の力をさらに高め、日本語のプロになりましょう。

志村先生のゼミは言葉のバリエーションを研究している。「宮城県は近場で面白いことが研究できる」と話す。

志村 文隆 教授

専門:日本語学、方言学
東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。宮城学院女子短期大学教養科助手、宮城学院女子大学学芸学部人間文化学科助教授、教授を経て現職。学生時代、日本語学専攻コースの中にあった「方言学」で学問としての方言と出合う。中でも自然現象を表す方言語彙を研究しており、地域へ出向いて調査を続ける。共著書に『方言の語彙ー日本語を彩る地域語の世界ー』(朝倉書店)などがある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

宮城学院女子大学(私立大学/宮城)