• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 宮城学院女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 佐藤 芳治 先生(都市デザイン、都市計画、まちづくり)

こんな先生・教授から学べます

人が人を繋ぐ、都市デザインの在り方を研究する先生

都市デザイン、都市計画、まちづくり
生活科学部 生活文化デザイン学科
佐藤 芳治 先生
先生の取組み内容

都市デザインとは幅が広い学問分野です。一つの建物をつくるだけでなく、周辺環境も含めて整備し、まちを利用する人と住む人を繋げ、まちを次世代へ繋いでいくということを実践・研究しています。現代の日本において都市デザインには、都市を新しくゼロからつくるのではなく、今ある都市の環境をつくり直していくデザインが求められています。私自身の経験上、1/「都市の一部をつくる」、2/「都市のビジョンを描く」、3/「パブリック空間のアクティビティを高める」、4/「まちに関わる人を共感・共有でつなぐ」、5/「街を運営する仕組みを作る」の5つに整理できます。それぞれデザインするもの・ことが異なりますし、関わる人も多いためコミュニケーション能力も必要となります。都市に関する総合的な知識と計画技術の蓄積が求められます。

都市デザインは、まちを知ることからスタート。様々な現場を歩いて、まちの変化を捉えます

授業・ゼミの雰囲気

都市の「今」を体感し、自分たちにできることを考える

「自分たちもまちづくりに関われるということを知って欲しい」という佐藤先生のゼミでは、地域の商工会やお店などが運営するまちづくりプロジェクトへ積極的に参加しています。イベントでは来場者の案内をしたり、子どもへのワークショップを実施。公共空間の観察記録やアンケート調査、地域の人々とのコミュニケーションを通して、まちがどのように変化しているかを分析・検証していきます。このような実践的なフィールドワークで、可能な限りまちの「今」を体感しながら、都市をデザインするということの意味を学んでいきます。

地域イベントで子供達にスタンプラリーの説明をしたり、テラリウムづくりを教えました

キミへのメッセージ

住んでいる街、地元、身近なところからまちづくりを考えてみてください

古来より、人は安全で豊かな暮らしを求めて都市を作りはじめました。では、現在の私たちにとって「豊かな暮らし」とはどのようなものでしょうか?まちづくりを通じて生活文化のデザインを一緒に学びましょう。

幼少期から地図を眺めることが好きだった佐藤先生。大学時代の恩師の影響で、都市デザインの研究を始める

佐藤 芳治 先生

専門/都市デザイン、都市計画、まちづくり
1997年東北大学工学部建築学科卒業。
同大工学研究科助手を経て、2002年NPO法人都市デザインワークス設立。理事・事務局長として市民提案型まちづくりの実践・支援を行う。
2020年4月より現職。技術士_建設部門[都市及び地方計画]

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

宮城学院女子大学(私立大学/宮城)
RECRUIT