• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都外国語大学
  • 先生・教授一覧
  • 竹下・ルッジェリ・アンナ 先生(宗教哲学、比較宗教、イタリア語)

私立大学/京都

キョウトガイコクゴダイガク

こんな先生・教授から学べます

禅の教えと「白隠慧鶴」禅師に惹かれたイタリア語の先生

宗教哲学、比較宗教、イタリア語
外国語学部 イタリア語学科
竹下・ルッジェリ・アンナ 先生
先生の取組み内容

徳川時代の禅僧、白隠慧鶴(はくいんえかく)を研究しています。禅宗の老師は、弟子に対して、悟りを開くための課題「公案」を出します。白隠の有名な公案は「隻手音声(せきしゅおんじょう)」。「両手を打てば音がします。片手を打てばどんな音がしますか」という問いです。若いときにこれを知った私は「どういう意味だろう?」と驚き、禅の世界に引きこまれました。そして、イタリアで日本語を学び、研究のために来日したのです。以後、文献を調べたり、修行を体験したりしながら、研究を続けています。禅宗を理解するために、日本語の知識は欠かせません。言語の修得は、憧れの世界に近づくための重要なツールになりました。イタリア語を学ぶ皆さんにとっても、きっとそれは同じ。イタリア語を、新しい一歩を踏み出すきっかけにしてください。

今、白隠慧鶴の著書『遠羅天釜(おらでがま)』をイタリア語に翻訳中。白隠の著書翻訳は昔からの夢でした。

授業・ゼミの雰囲気

イタリア語で会話を楽しむ授業。習った単語をその場で会話に活用して、正しい発音や使い方を学びます。

竹下先生は「イタリア語会話」の授業を担当しています。この授業では、挨拶や道案内などのシチュエーションに従って、先生と学生、学生同士が、会話を行います。「初心者の場合は特に、間違いを恐れず、人に伝えようとする姿勢が大切」と言う竹下先生。先生から学生に積極的に話かけるなど、発言しやすい雰囲気づくりにも力を入れています。また、ビジュアル・ディクショナリーを利用して、正しい発音を身につける訓練も実施。習った単語をその場で会話に盛りこむ練習を行い、語彙も確実に増やしていきます。

「学んだ言語をコミュニケーションツールとして活用する練習は重要。どんどん会話に参加しましょう」。

キミへのメッセージ

語学を学ぶなら、ぜひ現地へ!憧れの文化や言葉を、体験して学んでほしい。

全ての学生に留学をおすすめしています。サッカーや料理など、イタリア語を学ぶきっかけになった文化を、ぜひ現地で体験してください。新しい発見があるはず。禅の教えでも、体験することの大切さを説いています。

13歳のときに日本人に会ったことがきっかけで日本に関心をもった竹下先生。空手の有段者でもあります。

竹下・ルッジェリ・アンナ 先生

専門/宗教哲学、比較宗教
略歴:南イタリア シチリア島出身。ヴェネツィア国立大学 東洋言語文学学部 日本語コース 日本宗教哲学専攻 学士取得。花園大学 文学研究科 仏教学 修士課程修了。大阪府立大学 人間文化研究科 比較文化専攻 博士課程修了。著書に『会話と作文に役立つイタリア語定型表現365』(共著/三修社/2017)、『比較宗教学への招待―東アジアの視点から』(共著 第六章担当/晃洋書房/2016)など。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都外国語大学(私立大学/京都)