• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都橘大学
  • 先生・教授一覧
  • アンガス、ノーマン・ジェームズ先生(語学(英語))

私立大学/京都

キョウトタチバナダイガク

こんな先生・教授から学べます

“楽しい英語教育”でグローバル人材を育てる先生

語学(英語)
国際英語学部 国際英語学科
アンガス、ノーマン・ジェームズ先生
先生の取組み内容

日本の英語教育が変わろうとしています。これまで日本では英語は教養に過ぎませんでした。しかし、世界中がつながる今、英語はグローバル社会を生き抜くために必須のコミュニケーションツールなのです。2017年4月、本学は国際英語学部を開設しましたが、その目的もそこにあります。英語を学ぶことを目的にせず、英語を身につけた上で進路にあわせた3つのコースでそれぞれの専門性を磨きます。英語の修得は楽しいものです。新学部では留学を必修化し、1週間に630分の正課英語授業を行いますが、学生は英語の楽しさに気づくでしょう。

国際英語学部では、実社会での経験豊富な先生たちと共に、実践的・専門的な講義を行います。

授業・ゼミの雰囲気

全員が1年間の海外留学。留学前は英語漬けの徹底的な教育プログラム

国際英語学部では、入学から留学前までの約1年半は「English for Academic Perposes(EAP)」を受講して、徹底的に英語力の向上をめざします。同学部では1年間の海外留学を必修としているので、学生はこの1年半を留学を目標に頑張れます(※教職希望者には半年間の留学プログラムも準備)。留学も単なる語学留学ではなく、現地学生と同様に自分の進路にあわせた専門科目を学びます。学生にとって、英語を学ぶことが目的でなくなったとき、英語は楽しいものという意識に変わり、帰国後の学生生活もより積極的なものになります。

「英語を学ぶこと自体が目的でなくなったとき、英語は楽しいものに変わります」とアンガス先生。

キミへのメッセージ

今は苦手でも、「英語を1から学んでみたい」という人に来てほしい

今は英語が苦手でも、グローバル社会で活躍するためには英語を身につけたいと思う人は多いはずです。国際英語学部では、「1から英語学習を頑張ってみたい」という人に来てほしいと思っています。

アンガス、ノーマン・ジェームズ先生

[専門分野]文学、英文学、スコットランド文学、翻訳
英国 Cambridge大学Trinity College M.A.修了。2017年4月、国際英語学部長就任。主な著書『聖なるものと想像力』(彩流社、1994年共著)、『現代イギリスの基礎知識』(明石書店、1999年共著)など多数。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都橘大学(私立大学/京都)