• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • K.Yさん(家政学部 食物栄養学科/食品技術者・研究者)

私立大学/京都

キョウトジョシダイガク

研究職の現場は女性が働きやすい環境が整ってきている

先輩の仕事紹介

自分が作った食品がどんな人に届くかを忘れずに、食べる幸せを守っていきたい

食品技術者・研究者
家政学部食物栄養学科卒
K.Yさん

この仕事の魅力・やりがい

食品添加物を作る会社の研究職として、主に関わっているのは惣菜です。コンビニエンスストアなどのお弁当や惣菜に日持ちを向上させる食品添加物を入れて、安心・安全な食品を届けています。食品添加物は国の基準で決められた人体に影響のない添加物を使用しており、日持ちや衛生面を考えると食の安全を守るために必須のものだと感じています。使用できるものは決められているのでメーカーの要望にどう応えるかは、仕事のやりがいでもあります。研究では、食品添加物を加えて実際に煮物を作る・食べる・また加えると、試行錯誤の連続。商品が発売されても改良を続けていくので、どこまでも商品を探究していける環境は刺激的です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

食品に関心をもったのは、高校生の時。ハンドボール部に所属し、アイスは食べない、 100%のジュースしか飲まないなど食生活に気を使っていました。そんなことから、スポーツで結果を出すためになぜこういう食生活にする必要があるのかに興味を持ったのです。そして、京都女子大学の食物栄養学科へ。入学して食に関する仕事と一口にいっても幅広い携わり方があることに驚きました。また、実際に、病院や幼稚園などへボランティアで食育の活動に参加した経験は、今の自分の道を決めたきっかけになりました。食は生きていく上で一生関わっていくもの。だから大学で得た食の知識を社会人になって還元できたらいいなと考えて、この世界に進みました。

私の仕事は食べる幸せを守る仕事だと思います

これからかなえたい夢・目標

研究職をしていて感じるのは、やはり女性のほうが食に興味がある人が多く、女性ならではの観点で商品開発のアイデアが出せるのは大きな強みだということ。今後も女性ならではの視点から、研究分野で力を発揮していければと考えています。また、研究室で研究するのが好きなのですが、これからはどんどん外に出ていきたいなと思っています。メーカーさんと対面して抱える課題や疑問点を直接聞いたほうが、明確な答えやいい結果が出やすいからです。私自身、研究者であると同時に一人の消費者です。その視点を大事にして、これからも自分が作った食品がどんな人に届くか、どんな笑顔につながっているかを忘れずに食に関わっていこうと思います。

女性ならではの視点も生かしていきたい

K.Yさん

奥野製薬工業株式会社勤務/家政学部食物栄養学科卒/京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻に進学。修了後、奥野製薬工業(株)へ入社。研究職として食品開発を担当している。健康志向の減塩商品向けの商品を手掛けており、塩味をそのままにおいしい減塩食品が作れる新規素材を開発。大学、大学院時代に学んだ知識を基によりよい食品への追究に日々挑戦している。「京都女子大学に入学して、勉強や実験・学外実習を含め、できるだけ多くのことを経験して、自分がやりたいことが何なのか、 自分がどういうことにワクワクするのかを見極められました。それだけの経験をする環境が京都女子大学にはあると私は思います」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
京都女子大学(私立大学/京都)