• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • M.Aさん(家政学部 食物栄養学科/管理栄養士)

私立大学/京都

キョウトジョシダイガク

自分のやりたいことをめざして、常にステップアップ!

先輩の仕事紹介

食で、チームで、人を支える。管理栄養士の仕事を通じて、医療に貢献!

管理栄養士
家政学部食物栄養学科卒
M.Aさん

この仕事の魅力・やりがい

現在、大阪の急性期病院で管理栄養士として勤務し、入院患者様や外来患者様の栄養管理と栄養指導を行っています。一口に栄養管理・栄養指導といっても、患者様が10人いれば10通りの方法があります。一つの目標に対して、どういう栄養が必要なのか、口や鼻、点滴など投与経路はどれがいいのか、あらゆる選択肢の中から最善の方法を考えて提案しなければなりません。そうした管理を通じて担当する患者様の検査結果が良くなったり、回復された患者様に笑顔が戻ったり、「ありがとう」と言っていただけたりしたときは、やっぱり嬉しいですし、やりがいも実感できますね。

学校で学んだこと・学生時代

元々生物と化学が好きで、食べることも大好きだったことから、管理栄養士の仕事に興味をもちました。京都女子高校に通っていた時から、学生それぞれの考え方を尊重する校風や、学生一人ひとりが一生懸命に物事に対して取り組む姿勢に魅かれ、大学も京女を選択。調理学実習の授業では、中華鍋での調理や、かまぼこや缶詰を作るなど、普段はやらないような経験ができて楽しかったです。卒業研究では『高齢者を対象とした栄養評価方法』について研究。実際に病院や福祉施設での調査も行いました。患者様のデータを取らせていただいたり、栄養教室を開くことで、幅広い世代の方とのコミュニケーションも学べ、仕事にも役立っています。

患者様一人ひとりに合わせた最善の方法を考えて提案

これからかなえたい夢・目標

実は、今の職場は4か所目になります。最初は給食管理という食事を提供する側の仕事に就いていたのですが、ただ食事を出して終わるのではなく、食べた人の栄養状態がどう変化したのかまで知りたいと思うようになり、ステップアップを繰り返して医療の現場で働くようになりました。管理栄養士だけではなかなか導けない答えも、医師や看護師、理学療法士、薬剤師などの専門職と連携を取り、チームワークで取り組めば、よりよい答えも見つけやすくなります。日々進歩する医療の世界に対応する知識や技術に関しても、常に勉強をし続け、より細やかに患者様を支えられる管理栄養士になりたいと思っています。

「食べる」という基本的なことが治療につながります

M.Aさん

北野病院 栄養部勤務/家政学部食物栄養学科卒/大学時代の臨地実習で先輩の栄養管理を間近で体験したMさん。「栄養管理を受けた患者様が次第に回復していく姿を見て、食べるという基本的なことが治療につながるのだと実感。私も医療に貢献したいと思うようになりました」。食事を提供する側の仕事を経てステップアップを図り、現在は医療の現場で、多様な専門職スタッフとチームを組み、数多くの患者様の栄養管理・栄養指導を担当している。「今後は研究という観点からも患者様に貢献できるよう臨床研究にも力を入れたいと思っています。好きな事を見つけて、一生懸命に取り組めば、きっと夢は叶います」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都女子大学(私立大学/京都)