• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 井上 えり子准教授(建築学)

私立大学/京都

キョウトジョシダイガク

こんな先生・教授から学べます

伝統的な景観、コミュニティにもとづく暮らしを探る先生

建築学
家政学部 生活造形学科
井上 えり子准教授
先生の取組み内容

住宅や集合住宅、まちづくり、住まう人の暮らしについてそれぞれの地域の文化背景にもとづき研究しています。例えば、伝統的な建築物が多く残っている地域では、伝統的なコミュニティが残っています。祇園に代表される花街で多くの伝統建築が残っているのは、舞妓さんたちが伝統的な暮らしをその中で営んでいるから。舞妓さんが伝統的な暮らしが面倒と思い着物も着なくなったら、祇園の街並はなくなると考えています。一方でニュータウンの団地には、伝統的なコミュニティに馴染まない人たちが多く住んでいましたが、高齢化が進み、新しい住まいやコミュニティの形を居住者が求めるように。そこで賃貸住宅を行うUR(都市再生機構)とタッグを組み、数々のリノベーションを実践。既存の建物に大幅な改修を行い、性能や価値の向上に努めています。

実家は団地でしたが、現在では空き家だった元お茶屋を復元し、自宅として暮らしています。

授業・ゼミの雰囲気

実際に現地へ赴き、地域の人々と交流し期待に応えることで成長する

伝統的な建築様式が息づく一方で、管理が難しい京町家。あるいは古くなって使い出が悪くなった賃貸住宅。井上先生のゼミでは学生が実際に現地へ赴き、建築物の、さらには地域の再生に向けて、地元の人々と一緒に考え行動しています。ゼミや授業で学んだ専門的な知識を駆使して施工業者と打ち合わせを行う学生たち。その姿は一般の人々の目に頼もしく映り、期待されることで責任感が芽生え、ますます大きく成長していきます。

授業では塗装などDIYのテクニックも習得。団地の集会所を住民の方々とリノベーションしたことも。

キミへのメッセージ

好きなこと、興味のある事柄には積極的に挑戦し、密度の濃い学生時代を!

京都女子大学には、自分の可能性を試す機会があふれています。どんな4年間を過ごすかは本人しだいですが、どうせなら好奇心の赴くままいろんな事柄にチャレンジし、密度の濃い学生時代を過ごしてほしいですね。

私のゼミでは専門知識と技術のほかコミュニケーション能力も習得できます。実社会で必ず役に立ちますよ。

井上 えり子准教授

担当科目:住宅計画1・2、空間デザイン実習II、建築一般構造、空間造形実習III 
略歴/1988年から2年間、株式会社山設計工房にて勤務。1990年から1995年3月まで、東京理科大学理工学部建築学科に在籍。1995年より京都女子大学家政学部生活造形学科に移り、現在に至る。京都の町家や集合住宅のリノベーションに数々の実績がある。著書、論文多数。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都女子大学(私立大学/京都)