• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 前田直子准教授(国際法)

こんな先生・教授から学べます

「国際法」の学びを通じて真のグローバル人材を育てる先生

国際法
法学部 法学科
前田直子准教授
先生の取組み内容

私が研究しているのは「国際法」。武力紛争や領土問題、環境問題、人権問題など、国際社会が直面している様々な問題には、国家間のとりきめである「国際法」にもとづいた解決がとても大切です。それでは、言語や文化、民族、宗教などの異なる国家間での話し合いのためには、何が大切なのでしょうか。それは、お互いを尊重し、それぞれの多様性を理解することです。しかし「多様性の理解」とは単に「相手と同じになる」ということではありません。他者を理解し、受け入れる姿勢は、しっかりと確立された「自己」があってこそ生まれるものなのです。
国際社会の共通言語ともいうべき「国際法」。学生の皆さんにも、この学問を通じて、世界の変化や多様性に対応できるしなやかさと、自分自身を見失わない自律性を身につけてほしいと考えています。

国際社会の諸問題が私たちの生活に及ぼす影響やその解決策について専門的な知識を深めながら議論します

授業・ゼミの雰囲気

ディベートを通じて、物事を様々な視点から考え、何をどのように伝えたいかを考える

前田ゼミでは、関西国際法ディベート大会への参加に取り組んでいます。この大会は1996年から続く伝統ある大会で、同志社、立命館、関西学院、龍谷など近畿圏の大学が集い、大学を超えて国際法の勉強に切磋琢磨することを目的に、毎年12月に開催されています。前田ゼミは初参加の2013年より優秀な成績をおさめ、2019年度も優勝を果たしました。ディベートは、単に言いたいことを言う場ではありません。ゼミでは様々な問題を多角的な視点で捉え、相手の主張は何かを理解し、何をどう表現すれば相手に伝わるのか考える力を養っていきます。

ディベート大会では様々な視点・立場から考えることで、問題を多角的にとらえる力が身につきます

キミへのメッセージ

グローバル化社会で活躍できる人材になることをめざしませんか

日本社会はいま、経済状況の変化や訪日外国人の増加をうけ、グローバル化への迅速な対応が必要となっています。皆さんもぜひ国際法を学び、グローバル化社会に貢献できる人材になることを目指してください。

前田直子准教授

専門分野:国際法(国際人権法)
略歴/京都大学法学部卒業、京都大学大学院人間・環境学博士後期課程修了(京都大学博士〈人間・環境学〉)。外務省勤務時には、国際連合(国連)の人権分野の外交会議や、国内の男女共同参画政策などを担当。その後、神戸大学大学院国際協力研究科助教を経て、2011年4月より現職法務省難民審査参与員、大阪市人権施策審議会委員、京都市人権文化推進懇話会委員、堺市人権施策審議会委員。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都女子大学(私立大学/京都)