• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 金子 充先生(マーケティング学)

こんな先生・教授から学べます

商品が売れる理由の本質をマーケティングで解き明かす先生

マーケティング学
現代社会学部 
金子 充先生
先生の取組み内容

私が研究対象としているのはマーケティング。現在は特に、店舗内でのマーケティング施策と消費者の直感的な意思決定の関係について研究しています。マーケティングとは「商品が売れるメカニズム」を明らかにする学問。また「売れる仕組み」を探ろうとする学問でもあります。かつての日本では、ビジネスの成功に必要なのはKKD…「勘」「経験」「度胸」と言われていました。しかし現在では、ICT技術の発展によって膨大なデータが手に入るようになったことや、仕事の効率性が重視されるようになったこともあり、データを活用した論理的なマーケティング戦略が重視されつつあります。消費者の心をとらえて購入に向かわせる戦略を立てるには、データから消費者行動を分析できるようになることが必要不可欠であると言っても過言ではないようです。

学生時代に運動部に所属。試合に勝つために相手の特徴を分析し戦略を立てた面白さが、研究のきっかけに

授業・ゼミの雰囲気

論理的に戦略を考える能力と自分の言葉で語る力を磨き、物事を本質的に理解する習慣を身につける

ゼミでは、データの集め方や分析方法について学び、実際に学生自身でデータ分析などを行いながら、論理的に戦略を考える能力を磨きます。また、グループワークを通じて、特定の商品やサービスのマーケティング戦略の改善案や、新商品・新サービスのアイデアを練る際も、経営学やマーケティングの概念やツールを用いてプランニング。単なる思いつきではなく、既存ビジネスの問題点をしっかりと分析した上で、具体的な改善案を提案します。発表では必ず自分の言葉で意見を述べ、そこから議論を発展させるよう指導しています。

ゼミでの発表では、インターネットや文献の言葉をなぞるのではなく、自分自身の言葉で発表することを重視

キミへのメッセージ

本質の理解に努めれば、日常生活も楽しく前向きに過ごすことができますよ

その商品が売れた理由を本質的に考え、理解する。そうすることで流行や周りの意見に左右されず、自分自身の基準で物事を判断できるようになれます。物事の本質的な理解ができるように努めましょう。

自由に時間を使うことができる大学時代。今のために、将来のために、有意義に過ごしましょう

金子 充先生

研究分野:マーケティング、消費者行動論、マーケティングリサーチ
略歴/2011年9月、早稲田大学大学院商学研究科修了。その後、同研究科博士課程単位取得満期退学。主に消費行動のメカニズムの解明や、マーケティング施策の効果測定に関する研究を行う。著書「消費者行動の実証研究」をはじめ、研究論文も多数発表。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都女子大学(私立大学/京都)