• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都精華大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ポピュラーカルチャー学部
  • ポピュラーカルチャー学科

私立大学/京都

キョウトセイカダイガク

ポピュラーカルチャー学科

定員数:
118人

音楽とファッション、最も身近な文化の力でよりよい社会をつくる人に。

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

  • パタンナー

    型紙起こしから納品チェックまで

    デザイナーのデザイン画を基に、型紙に起こして立体化し、そのほか生地やボタンのサイズ指定、納品チェックなども行う仕事。専門的な技術、知識が必要な仕事で、人手不足気味。最近ではパターンメイキングはCADを使って行われるケースが多く、コンピュータの操作能力も求められるようになってきた。

  • ファッションデザイナー

    服だけではなくトータルデザインも

    春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から1年前。大きくはオートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれる。つねに時代の先を読む感性が要求される。

  • アパレルマーチャンダイザー

    アパレル商品の販売をトータルでコーディネートする

    市場調査をもとにシーズンごとに移り変わるファッションの流行を予測し、どの商品をどれだけ作るか、価格はいくらにするか、どの店舗にどれだけ置くかなどを決めていくアパレル業界の専門職。一つの商品に関して、企画・開発から、販売計画の立案、仕入れ、さらに販売促進活動や広告・宣伝までを一貫して担当するのがこの仕事の特色。ファッションやマーケティング、流通ビジネスに関する専門的な知識はもちろん、情報収集力につながる感性や好奇心、積極性や営業手腕なども求められる。

  • ファッション雑誌記者・編集者

    ファッション情報を発信する

    流行のファッション、最新ファッションショーの取材、着こなしのハウツーなど、ファッションに関する様々な記事を作る。季節の流行を先取りし、多くの読者の心をつかむ情報を発信するためには、アパレル業界との交流による人脈づくりや、街中での情報収集も欠かせない。

  • ファッション商品企画・開発・管理

    アパレルメーカーで消費者のニーズにこたえる洋服を作り、流通させる仕事

    洋服は、人々のニーズや流行に沿った商品のアイデアを考えるところからはじまり、それをデザインし、素材や加工法などを決め、工場で生産し、小売店に出荷することで消費者の手に届く。工場での生産は外注することもあるが、企画・開発、生産や在庫、品質の管理はアパレルメーカーにとって中核となる業務だ。企画・開発には、素材などに関する専門知識やセンスに加え、マーケティングの知識やプレゼンテーション能力も不可欠。生産管理や在庫管理は企業の利益に直結する業務であり、ビジネス感覚があり数字に強いことが大切になる。

  • サウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

初年度納入金:2018年度納入金 182万9000円  (※上記金額には、入学金20万円を含みます。)

学科の特長

学ぶ内容

音楽コース
音楽で生きていく道は、プロのミュージシャンだけでなく、映像業界やゲーム業界、広告業界など、多岐に渡ります。音楽コースでは、作詞作曲や演奏者とエンジニアの共同作業に取り組み音楽をつくることから、音楽レーベルやイベントの運営、ウェブサイトの制作など、音楽を届けるプロジェクトにも関わります。
ファッションコース
現在ではファッションはさまざまなスタイルが並列していますが、「誰かがそれを求めている」という事実は共通しています。ファッションコースでは、単に目新しい服や変わったデザインの服をつくるのではなく、自分が考えるファッションが誰に対してのものなのかを考えてつくり、そして届けることを学びます。
社会へ発信する、学部共通プログラム
パフォーマンス、ショップ、映画、雑誌など、自分たちで作り出したものを社会に向けて発信する方法には、実にさまざまな形があります。学部共通科目には、プロジェクト型授業が用意され、所属するコースにかかわらず、選択して学ぶことができます。

カリキュラム

専門性を社会で応用できる力を身につける全学共通プログラム
「全学教養科目」では語学や自然科学、ITリテラシーなど11分野から、芸術・文化を学修するうえで必要となる教養を幅広く身につけます。「副専攻科目」では、京都伝統文化、国際、ソーシャルデザインなど伝統と革新が混在する現代社会に即した8分野から、自らの専門性を社会で応用する力を身につけます。

先生

客員教員陣
岸田繁(作曲家、くるり)/ナイジェル・ケーボン(ファッションデザイナー)/藤原ヒロシ(音楽プロデューサー、ファッションデザイナー) など

制度

学生を経済面で支援する、さまざまな制度
入学前に利用可能な「新入生支援給付奨学金」(25万円)など、本学独自の多様な奨学金制度を設けています。また、クリエイティブ職の就職に必須の制作系や事務系ソフトウェアが、在学中は無償で利用できるほか、京都市内の美術館、博物館、動物園、京都国際マンガミュージアムといった文化施設の優待利用制度を設けています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国>

目標とする資格

    • Webクリエイター能力認定試験 、
    • アドビ認定エキスパート【ACE】 、
    • 色彩検定(R) (1~3級)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ミュージシャン 、 サウンドデザイナー 、 音楽プロデューサー 、 イベントプロデューサー 、 スタジオエンジニア 、 ファッションデザイナー 、 パタンナー 、 マーチャンダイザー 、 ショップ経営者 、 ライター ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
TEL:0120-075-017(広報グループ)
shingaku@kyoto-seika.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区岩倉木野町137 叡山電鉄「京都精華大前」駅から徒歩 1分
京都市営地下鉄「国際会館」駅からスクールバス 8分

地図

 

路線案内


京都精華大学(私立大学/京都)