• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都文教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合社会学部
  • 経済・経営コース

私立大学/京都

キョウトブンキョウダイガク

経済・経営コース

経済学と経営学の知識を身につけ、その運用能力を高めるカリキュラムでスペシャリストをめざす

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 証券アナリスト

    投資価値調査や未来予測の専門家

    企業の財務状況や業績の見通し、あるいは広く、産業全般や経済、金融の動向を調査・分析し、個人や金融機関投資家の資産運用について、アドバイスをする。データを集め、膨大な数字から投資価値の評価やいま何に投資すればいいのかを予測するためには、一般企業の動向から為替や原油価格、金利の動向などさまざまな情報を分析しなければならない。

  • ファイナンシャルプランナー

    生涯設計の資産設計プロデューサー

    顧客に関するあらゆるデータを収集・分析し、顧客のライフプランを達成するための貯蓄計画、投資計画、保険・保障対策、相続対策などの資産設計をし、実行を手助けする仕事。ファイナンシャル・プランナーは銀行や生・損保、証券を中心とした金融機関に始まり不動産、ノンバンク、流通系の企業でも導入。

  • 銀行員

    融資や預金、為替などの業務などを通して社会のお金の流れを支える

    メガバンクや地方銀行、信用金庫・信用組合、ネット銀行などで働き、社会のお金の流れを支える仕事。銀行の主な業務は、顧客のお金を預かる預金業務、利息をつけてお金を貸し付ける貸付業務、振り込みや手形の発行などの為替業務、国債などの債券の売買、投資信託などの金融商品の販売など。なかでも代表的な仕事の一つが融資担当。顧客からの融資の依頼を受け、顧客の返済能力などを分析しながら融資が可能かどうかの判断をし、融資額や融資内容を判断する。顧客が企業の場合は経営のアドバイスなどをすることも。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 141万660円  (うち入学金18万円)

学科の特長

学ぶ内容

経済学と経営学の知識を中心に、社会を動かす「企業」「お金」「組織」「仕事」について学ぶ
自ら新しいビジネスを立ち上げるための「起業家精神」を育成することを目標に、多くのケーススタディ(ビジネスの事例)を取り上げます。企業でのインターンシップや地域活性化活動への参加を通じて、実社会で求められるコミュニケーション能力、実務能力、問題解決能力を身につけ、就職活動の「結果」へとつなげます。

カリキュラム

【1回生】初歩的な知識やスキルを養う
少人数制の「初年次演習」の授業で、調査やレポート作成のポイント、プレゼンテーションやディスカッションの方法など大学の授業で必要となる学び方をしっかりと身につけます。同時に経済学と経営学の基礎知識を学び、2回生以降の専門的な学びに備えます。
【2回生】経済学と経営学の基礎を学習
経済社会を国際社会や国家といった大きな視点からとらえる「マクロ経済学」と、企業や個人の経済活動に主眼をおいた「ミクロ経済学」。この2つの経済学の基礎理論や、簿記、マーケティング、企業戦略といった経営学の基礎理論を学ぶ授業を履修します。
【3回生】ソーシャルビジネスや金融を学ぶ
経済学、経営学の専門知識を活用し、社会的な問題をビジネスで解決するソーシャル・ビジネスの手法を身につけます。また各自の将来の進路を見据えながら、インターンシップやエクスターンシップなど実践的な学びを展開します。
【4回生】各自のテーマで卒業研究に取り組む
少人数の学生が各自のテーマについて議論を交わして理解を深めていく「総合社会学演習」の授業を中心に、卒業研究に取り組みます。関心を持ったトピックを選び、経済学・経営学の専門知識を用いて分析を行います。

卒業後

想定される進路
・一般企業(金融業、製造業、サービス業など)
・経営コンサルタント
・経営者
・事業プランナー
・シンクタンク
・ファイナンシャル・プランナー
・NPO/NGO
・教員
・大学院 ほか

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会調査士 、
  • 社会福祉主事任用資格

初級地域公共政策士
グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒611-0041 京都府宇治市槇島町千足80
TEL 0774-25-2488

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府宇治市槇島町千足80 近鉄京都線「向島」駅から本学スクールバス(無料) 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

京都文教大学(私立大学/京都)