• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学
  • 先生・教授一覧
  • 池上 和志先生(光電気化学、有機光化学)

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

こんな先生・教授から学べます

半導体に革命を起こし、太陽電池を進化させる先生

光電気化学、有機光化学
医用工学部 臨床工学科
池上 和志先生
先生の取組み内容

コンピュータはもちろん、カメラや家電、そして太陽電池などにも半導体が使われています。その半導体の多くはシリコンを原料にしたものですが、シリコン半導体を作るにはクリーンルームのような設備が必要で、コストもかかります。もっと手軽に、安価に半導体を作りたい――。この社会のニーズに、光電気化学や有機光化学で応えよう、というのが私の研究です。具体的には、ペロブスカイトと呼ばれる結晶を用いた太陽電池やX線検出素子の研究を行っています。溶液をフィルムなどに塗布することで薄くて軽い半導体を安く作ることができます。実験を進めるうちにエネルギー変換効率もシリコン半導体並みにアップしてきて、世間から大きな注目を集めるようになってきました。

太陽電池に光を当てて、変換効率を測っています

授業・ゼミの雰囲気

最新の事例を交えて、材料工学をわかりやすく解説。ゼミでは、世界の最先端研究に触れる機会も。

学部の講義では、基礎化学と材料工学を担当。材料工学は医療現場で用いられる材料について学ぶ授業ですが、機械全体に対する材料の適合性や材料ごとに適した滅菌操作など、その取り扱い分野は多様。池上先生はそれらの幅広い分野を分かりやすく学生に伝えるために、材料科学や院内感染問題などの最新の事例を紹介しながら授業を進めていきます。
ゼミには、海外からの留学生も多く所属。世界の最先端の研究に触れられるように、東京大学など外部の研究機関の外国人研究者との交流も積極的に行っています。

ゼミ風景。海外からの留学生も多く参加しています

キミへのメッセージ

考える時間を大切にして、自信を持って言える経験をしてください

大学では、さまざまな研究分野で活躍する一風変わった先生方との出会いが待っています。考える時間を大切にして4年間を過ごし、「これをやった」と言える経験を持って卒業してください。

池上 和志先生

2002年 筑波大学大学院化学研究科化学専攻修了 博士(理学)
2002年 筑波大学文部科学技官
2005年 桐蔭横浜大学ベンチャー ペクセル・テクノロジーズ博士研究員
2006年 桐蔭横浜大学大学院工学研究科 助手
2008年 同講師を経て、2015年より、医用工学部 臨床工学科 准教授

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)