• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学
  • 先生・教授一覧
  • 田中 暢子教授(スポーツ政策学/健康政策学/スポーツ社会学/障害学)

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

こんな先生・教授から学べます

「誰もがスポーツを楽しみ、挑戦できる社会」をめざす先生

スポーツ政策学/健康政策学/スポーツ社会学/障害学
スポーツ健康政策学部 スポーツ健康政策学科
田中 暢子教授
先生の取組み内容

世の中には障がいや年齢、性別、人種、性的指向・性自認など、様々な理由からやってみたいスポーツにチャレンジできない人々がたくさんいます。すべての人がスポーツを楽しみ挑戦できる社会を実現するためには、またスポーツの社会的価値を高めるには、どのような政策を打ち出すべきか?そして、どのようにマネジメントすべきか?それが私の研究テーマです。私自身、指導者や協会理事など、様々な立場から障がい者スポーツに携わってきました。その中で学んだことや経験したことを、学生たちにも伝えていきたいです。一人一人が「どんな取り組みが必要か?」「そのために自分に何ができるか?」と考えるきっかけを提供できればと思っています。

実際にスポーツを体験することも大切

授業・ゼミの雰囲気

自ら考え、発言する姿勢を重視しています。どんどん話しかけてください!

先生の授業は、積極的に発言した学生にポイントを与えるシステム。また、「障害概論」の授業では、学生たちはブラインドサッカーなどのパラスポーツを体験し、障害のある人たちのスポーツへの参加を推進するための理論や方法施策を学ぶ。「知識を暗記することも大切ですが、私はその知識をもとに『学生自身が考える』授業が好きです。ゼミでは、学生企画によるプロスポーツの現場視察や現場で働く方々のお話を聞いたり、ゼミ合宿などを通して、『いま自分は何をすべきか』を考える力が自然と身につけば」と語ってくれた。

ゼミでは学生たちの積極的なディスカッションが行われます

キミへのメッセージ

一流の先生方とともに、スポーツの未来について考えましょう。

スポーツ健康政策学部は、各分野に精通した先生方のもと、国際交流や社会貢献など様々な角度からスポーツを学べる環境です。誰もがスポーツを楽しめる社会をつくるために何ができるか、一緒に考えていきましょう!

田中 暢子教授

イギリスの大学院に進学し、スポーツ科学修士号、スポーツ政策学・スポーツマネジメント学博士号を取得。現在は公益財団法人日本障がい者スポーツ協会理事、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会参与、一般社団法人日本パラリンピアンズ協会アドバイザー、一般社団法人日本障がい者サッカー連盟理事、一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟理事を務めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)