• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 近畿大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • ロボティクス学科

私立大学/大阪・奈良・和歌山・広島・福岡

キンキダイガク

ロボティクス学科

定員数:
80人

ロボット制作を通じて機械、情報、電気電子の複合技術を身につけ、メカトロニクス技術者を目指す

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアナリスト

    効率アップのためのシステムを企画

    事務処理のスピードアップや、無駄のない生産体制を作るため、コンピュータによる情報活用が進んでいる。そうしたコンピュータシステムの導入や改善のため、現場を調査し、問題点を見つけ、どんなシステムを作ればいいか決めるのがシステムアナリストだ。この計画をもとに中・長期の情報戦略を立て、期待される効果も算出する。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

初年度納入金:2019年度納入金 166万2500円  (入学金25万円を含む。その他、学部同窓会費が別途必要)

学科の特長

学ぶ内容

機械システムを創るための基礎を学ぶ「ロボット設計コース」
いまや、生産の現場から介護・手術支援など、あらゆる領域で様々なロボットが活躍しています。このコースではロボットの機構学をはじめ、設計工学、加工工学など、ロボットを組み立て、作り出すために必要な知識・技術を重点的に学びます。ロボットの設計と製作を通じ、創造的な設計力と豊かな企画力を身につけます。
機械システムを知能化するための知識を学ぶ「ロボット制御コース」
ロボットを動かすためには、指令を出す頭脳や制御システムについて理解しなくてはいけません。このコースではロボット工学をはじめ、制御工学、情報工学など、ロボットの制御手法を重点的に学びます。実験・演習を通じてロボットの知能化に関わることによって、実践的な開発力と確かな応用力を身につけます。

カリキュラム

ロボット製作を行いながら自主性、創造性を養い、問題を自ら発見し解決する力を身につける
実験・実習中心のカリキュラムで、ロボットを開発するために必要な専門知識を習得します。1年次は基礎を重点的に固め、学年進行に伴い知識の積み上げと専門科目間の関連性を確実なものとしていきます。2年次からは、学生の志向に合わせてコースを選択。将来を見据え、専門性の高い科目を履修することができます。
実学重視の学びで、海外の現場でも通用するロボット開発技術者を育成
工学の基礎知識をはじめ、機械・情報・電気電子の分野が関連する複合技術に対処できる能力を身につけます。さらに、論理的思考に基づくプレゼンテーション能力、外国語による基礎的なコミュニケーション能力を習得することで、自分の意思を的確に相手に伝える技術も習得します。

卒業後

様々な産業分野や公務員、大学院進学まで幅広い分野で活躍
メカトロニクス分野の知識と技術をバランスよく学ぶため、幅広い分野での活躍が期待できます。大学院進学の他、機械、自動車、電気、電子関連の各メーカー、情報サービス、設備サービス、物流などの産業分野、公務員を含む幅広い職業への就職を目標としています。

教育目標

新しい機能や高度な知能化技術を備えた、新時代のロボットを開発できる人材育成を目指す
現代社会において、自動化生産、宇宙開発、医療福祉、生活支援など日々進化し続けるロボット。新しい機能、高い知能化技術を求める声に応えることのできる創造性豊かなメカトロニクス技術者の育成が求められます。基礎から応用へ確実に知識を積み上げ、斬新な発想を得た新時代のロボットを開発できる人材育成を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 技術士<国> (機械部門、電気電子部門、情報工学部門) 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • 3次元CAD利用技術者試験 、
    • ディジタル技術検定 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種) 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 中学校教諭免許状【数学】<国> (一種) 、
    • 中学校教諭免許状【技術】<国> (一種) 、
    • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (一種) 、
    • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    SCSK、九電工、マキタ、JFEスチール西日本製作所、スズキ 、 ダイキョーニシカワ、東京エレクトロングループ 、 ナブテスコ、日本製鋼所、富士通 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※このほか、多くの卒業生が大学院に進学しています

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒739-2116 広島県東広島市高屋うめの辺1番
TEL 082-434-7004
E-mail nyushi@hiro.kindai.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
工学部キャンパス : 広島県東広島市高屋うめの辺1 JR山陽本線「西高屋」駅からバス  5分

地図

 

路線案内


近畿大学(私立大学/大阪・奈良・和歌山・広島・福岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る