• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 金城学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 谷口 すみれさん(国際情報学部 国際情報学科グローバルスタディーズコース/客室乗務員(キャビンアテンダント))

私立大学/愛知

キンジョウガクインダイガク

先輩の仕事紹介

ときにレストラン、ときにホテル。飛行機は、空の上で顔を変え、お客様と時間を共有できる空間。

客室乗務員(キャビンアテンダント)
国際情報学部 国際情報学科 グローバルスタディーズコース/2017年3月卒業
谷口 すみれさん

この仕事の魅力・やりがい

国際線は、英語だけではなく、さまざまな言語を話すお客様が利用されます。言葉が通じない時は、目で相手の気持ちを汲み取り、身振り手振りでやり取りをすることも。“お困り事があればサポートして差し上げたい”という気持ちが伝わり、お客様に喜んでいただけた瞬間は、とても嬉しくなります。もちろん、言葉はコミュニケーションするうえで大切なツールですが、言葉以上に伝わることもあると思いますし、仕事の結果は形としては残らなくても、私たちのサービスがお客様の心に残るものになればいいな、と思います。また、乗務の際には初対面のクルーとのフライトもあり、関わる人も仕事内容も日々違い、毎日が新しい発見の連続です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

就職活動の際、目標の軸にあったのは“いろんな人と出会える仕事がしたい”ということ。そこで、航空業界をはじめ、ホテルやブライダル業界など、人と接する業種を中心に調べました。その中でも、とくに魅力的だったのが客室乗務員の仕事でした。飛行機は、お客様にとって目的地への移動手段のひとつ。帰省やご旅行、お仕事など、それぞれ違う目的を持つ人が集まる空間です。そして、ときにレストラン、ときにホテル…と、空の上で顔を変えていきます。背景の異なる方々と、ひとつの空間で同じ時間を共有できる面白さに魅力を感じ、この仕事をめざしました。

学校で学んだこと・学生時代

“英語を使ってやりたいことに挑戦する”というスタンスで学んだ4年間でした。ただ語学として英語を学ぶのではなく、“コミュニケーション”を第一目的とした語学学習をはじめ、異文化を理解する学びも豊富で、さまざまな価値観に触れ、視野が広がりました。また、1年次に行われる全員参加の海外研修「KIT(Kinjo International Training)」では、カナダのプログラムに参加。ホームステイをしながら、語学研修と現地の旅行会社でのインターンシップを体験し、まさに“英語をツールに新しいことにチャレンジする”を叶えてくれたプログラムでした。

谷口 すみれさん

全日本空輸株式会社/国際情報学部 国際情報学科 グローバルスタディーズコース/2017年3月卒業

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
金城学院大学(私立大学/愛知)