• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 金沢工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 電気電子工学科

私立大学/石川

カナザワコウギョウダイガク

電気電子工学科

定員数:
240人

現代社会で関心の高まるエネルギー問題に臨む技術者を育成

学べる学問
  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電気主任技術者

    安全な電気利用に欠かせない

    電気工作物の工事の監督のほか、電気を送り出す管理室で電気が滞りなく供給されているかどうかや、故障があった場合の処理をする。電気を安全に供給、運用する際の監視人のような役割を担う。電気は取り扱いを間違えると大きな事故の原因ともなるので管理責任は大きい。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

初年度納入金:2019年度納入金 154万3000円  (入学金20万円、授業料134万3000円)

学科の特長

学ぶ内容

電気エネルギー技術やエレクトロニクス技術、情報通信技術を身につける
エネルギー問題の関心が高まる現代社会において、電気エネルギーの有効活用が大きな課題となっています。そのため、高効率な電気エネルギー利用技術、高精度な機器・制御技術、多機能な電子デバイス技術などの専門知識のほか、便利で快適な暮らしを実現する無線通信技術、音響・映像技術などの専門知識を修得します。

施設・設備

生み出した理論や仮説を高度な研究環境のもとで具体化し実験、検証できる
卒業研究は研究所で行います。電気・光・エネルギー応用研究センターや光電相互変換デバイスシステム研究開発センターでは、学生は生み出した理論や仮説を具体化し、実験、検証ができます。次世代モータや太陽電池、植物工場、IoT(モノのインターネット)の実現に欠かせない環境発電技術の研究などが行われています。

制度

空気中の電波で発電する研究やDC(直流)電力網の構築などの実証実験が進む
地デジやWi-Fiなどの空気中の電波を使って高効率に発電する研究や、0.1ボルト程度の低電圧でLSIを動作させる研究など世界を驚かせる研究実績をあげています。白山麓キャンパスでは、実際に人が住むコテージにDC(直流)電力網を構築、再生可能エネルギーをミックスして使う社会実装実験を行っています。
学んだ知識を活用して「ものづくり」に取り組める夢考房プロジェクト
ソーラーカープロジェクトはオーストラリア大陸縦断に向け新型車両を開発中です。「作れるものは自分たちで作る」をモットーに、モータから回路、車体に至るまで自分たちで設計製作しています。夢考房プロジェクトは14ものプロジェクトがあり、活動を通じて他分野の知識を得られるのも大きな魅力です。

奨学金

国立大学標準額との差額を給付する特別奨学生制度を整備
授業等の正課と課外活動の両面で優れた成果を修め、リーダーとなる人材の育成を目指す制度です。特別奨学生にはリーダーシップアワード生の名称を与え、奨学金を給付。スカラーシップフェローは国立大学標準額との差額、スカラーシップメンバーには年額25万円を給付します。(2019年度実績)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種)

目標とする資格

    • 技術士<国> 、
    • 電気主任技術者<国> 、
    • 電気工事士<国> (1種・2種) 、
    • 電気通信主任技術者<国>

    第2級海上特殊無線技士、第1級陸上特殊無線技士

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 99.9 %

( 学校全体〈就職者1,249名〉 )

主な就職先/内定先

    NTTドコモ 、 KDDI 、 小松製作所 、 JR東日本 、 清水建設 、 スズキ 、 大成建設 、 中部電力 、 デンソー 、 日産自動車 ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

主な就職先は、工学部全体の卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
TEL.076-248-0365(入試センター)
nyusi@kanazawa-it.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
扇が丘キャンパス : 石川県野々市市扇が丘7-1 金沢駅から兼六園口8番のりば発 金沢工業大学行バス 30分

地図

 

路線案内


金沢工業大学(私立大学/石川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る